ウィーンによく見られるこの時期の花 22 (ハタザオキキョウ)

カンパニュラ

こちらはドイツ語でGlockenblume

(グロッケンブルーメ)、

ラテン語ではCampanula,

日本ではホタルブクロ属で

たぶんハタザオキキョウ (Campanula rapunculoides)でしょうか。

 

原産はヨーロッパで、日本には

大正時代に園芸用として入って

来たようです。

 

60~150cmぐらいの高さで、紫色をした釣鐘のような花をつけます。

 

草原、森、岩などがある地域など標高2000mぐらいまでに見られ、

種類も300500と非常に多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村