ウィーンによく見られるこの時期の花 19 (アメリカキササゲ)

アメリカキササゲ

こちらはドイツ語でTrompetenbaum

(トロンペーテンバウム),

ラテン語では

Catalpa bignonioides,

日本ではアメリカキササゲ

(アメリカ木大角豆)です。

日本には明治時代末期に

入って来たそうです。

 

原産は北アメリカで、

高さは20mぐらいまで、30cmぐらいまでの

細長いさやのようなものがぶら下がっているのが見えます。

 

中央ヨーロッパでは観賞用として、公園等に多く見られます。

 

 


 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村