ウィーンによく見られるこの時期の花 15 (ボダイジュ)

ボダイジュ

ウィーンの街のいたる所に見られるおなじみ

ボダイジュです。

ドイツ語では、

Linde (リンデ),ラテン語でTilia です。

 

ボダイジュにも種類が

多くありますが、

Sommer Linde

(夏ボダイジュ),

Winter Linde

(冬ボダイジュ),

 

Silber Linde (銀ボダイジュ)などがよく見られます。

これらは日本ではセイヨウボダイジュと呼ばれているようです。

 

ボダイジュは中国原産ですが、ナツボダイジュはヨーロッパ原産です。

高さは40mぐらいになるものもあります。

ハート型の葉が特徴で、そこから更に薄い緑の細長い葉が出て、

そこから実のようなつぼみが出て、それが開いて黄色の細かい花が咲きます。

実際に細長い葉と書きましたが、細長い葉から実までの部分が

ボダイジュの「花」となっています。

 

この時期に遠くから見ると、ハート型の葉の緑と、花の部分の薄い緑の2色が

混ざって見えます。

 

ウィーンの3大街路樹のひとつで、公園や庭園にとても多く見られます。

 

夏ボダイジュと冬ボダイジュの大きな違いのひとつは、花を咲かせる実の数が違います。

夏ボダイジュは、一枚から2~6個、冬ボダイジュは4~12個あります。

 

写真はプラター公園の夏ボダイジュです。

 

 

 

 

 


 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村