ウィーンによく見られるこの時期の花 23 (ツルニチニチソウ)

ツルニチニチソウ

これはドイツ語でImmergrün (インマーグリューン),

ラテン語では、Vinca major,

日本ではツルニチニチソウと

言われています。

 

原産は地中海沿岸で、30cmぐらいまでの高さになり、

花の色は紫や青紫が一般的です。

5枚の花がプロペラのような

形をしていますが、1日で萎んでしまいます。森の中の日陰などに

よく見られます。

 

似たものでヒメツルニチニチソウ (Vinca minor) もありますが、

こちらの方が花も葉も小さいです。

 

ツルのように地面を張って伸びるので、こちらでは庭の地面をおおっていく

観賞用草花として人気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村