ウィーンの石畳

石畳を修復

ウィーンでは旧市街から外側まで色々な所で石畳を見ることができます。

 

石畳のように道路舗装のようなものは、紀元前4000年頃メソポタミアでも確認されています。

またエジプト人なども物資を運び易くする為に使っていました。

古代ローマ時代に飛躍的に進歩したわけです。

 

 

近代的なアスファルトなどが登場する以前からヨーロッパでは石による道路舗装が行われていました。

 

ウィーンでは皇帝フェルディナント1世時代の16世紀ぐらいから本格的な道路舗装が行われたようです。

 

この写真は家のそばで、昔からのワイン製造農家がウィーンでは一番多く集まっている一角の路地で、たまたま石畳をこれからはめ込むという状態に通りかかりました。

これらの石はだいたい花崗岩が使われています。

 

 

旧市街13世紀当時の石畳

こちらはウィーン旧市街の一角にある、13世紀当時の石畳です。

約800年前ということになりますね。

 

石畳はヨーロッパの都市景観にもなっていて、特に路地裏で見るととても情緒があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村