ブログカテゴリ:オーストリアの名所



2019/05/18
ウィーンの街にはドナウ河が流れています。 ドナウ河はヨーロッパでは2番目の長い河で、全長約2.860km、ドイツを水源として、オーストリア、スロヴァキア、ハンガリー、クロアチア、セルビア、ルーマニア、ブルガリア、モルドバ、ウクライナと10ヵ国を通り、最後は黒海まで流れています。 その中でオーストリアのドナウは約350kmです。...

2019/05/16
ウィーンには様々な博物館があります。 一般的な観光で多くの方が訪れるシェーンブルン宮殿のような宮殿もある意味では博物館的ですし、美術史博物館のような美術館や作曲家の家、国立オペラ座やシュテファン大聖堂・・・ウィーンでの観光ポイントは切りがありません。 それだけウィーンの街は奥深くて魅力的ということですね。...

2019/05/15
ウィーンは森の都・・・ヨーロッパの街の中では街の広さに対し緑の比率が最も高いです。 ウィーンの街を歩けばここは緑が多いな・・・ということを実感できます。 この時期のウィーンは緑が溢れていますね でもいくら森の都ウィーンでも"自然を感じられる"と言えば公園以外では中心部ではほとんど見ることができませんね。...

2019/04/03
3月31日の夜中の2時に時計が1時間進み3時となって夏時間が始まりました。 1時間損したことになりますが、日がさらに長く感じるようになったわけです。 EUで2021年に夏時間廃止が決定しましたので、これからは各国が夏時間か冬時間を選ぶことになります。 4月に入りますます春を感じるウィーンです。 この時期の散歩は気持ちいいです。...

2019/02/01
早いもので今日から2月ですね。 ウィーンは冬らしい陽気ですが、昨日は東京の方が気温が低かったですね。 この冬の時期は緑が少ないですから、ちょっと緑が見たくなったので今日は緑を話題にしましょう。 ウィーンは森の都とも形容され、ヨーロッパの街の中で、街の広さに対して緑の比率が最も高い街と言われています。...

2019/01/31
ウィーンは様々な形容をされますが、"音楽の都"というイメージが非常に強いと思います。 これだけの音楽家が足跡を残した街は他にないでしょう。 今日はオーストリア3大クラシックの作曲家であるシューベルトの誕生日ですから、シューベルトの生家をちょっと紹介します。

2019/01/20
こちらは冬でも天気がいい時にはなるべく外に出よう・・・という意識が強いと思います。 街中の多くのカフェやレストランでも秋の終わりまではテラスが出されています。 外でお茶をしたり、食事をしたりできる空間はこちらでは重要です。...

2019/01/17
2018年最後の仕事は大晦日で、空港から皆様をお迎えして、そのまま観光するという内容でした。 この時空港から直接ベルヴェデーレ宮殿に行きましたが、あり得ない大混雑でした。オーストリアギャラリーに入場するだけで1時間以上もかかり、この大混雑は私が国家公認ガイドとして20数年仕事をしてきて初めてです。...

2018/12/26
12月24日のクリスマス・イヴには多くの人が家族と過ごし、食事、プレゼント交換などをします。 12月25日はクリスマスで、今日12月26日も第2クリスマスの日ということでお休みです。 今日12月26日は特に"Stephanitag"(シュテファニーターク)とも呼ばれ、ウィーンのシュテファン大聖堂でお馴染みの聖人シュテファヌスの日です。...

2018/12/25
年間を通して生活の中で一番重要なのはクリスマスです。 宗教的には復活祭ですが、クリスマス習慣を楽しむ期間はクリスマス市が出る時から数えればひと月以上もあるわけです。 市庁舎やシェーンブルン宮殿のクリスマス市は12月26日まではやっていますが、場所的に観光産業もひとつの理由になっています。...

さらに表示する