カテゴリ:オーストリアの名所



2020/06/20
ウィーンは森の都・・・ヨーロッパの街の中では街の広さに対し緑の比率が最も高いです。 ウィーンの街を歩けばここは緑が多いな・・・ということを実感できます。 この時期のウィーンは緑が溢れていますね でもいくら森の都ウィーンでも"豊かな自然を感じられる"と言えば公園以外では中心部ではほとんど見ることができませんね。...

2020/05/08
ウィーンの街にはドナウ河が流れています。 ドナウ河はヨーロッパでは2番目の長い河で、全長約2.860km、ドイツを水源として、オーストリア、スロヴァキア、ハンガリー、クロアチア、セルビア、ルーマニア、ブルガリア、モルドバ、ウクライナと10ヵ国を通り、最後は黒海まで流れています。 その中でオーストリアのドナウは約350kmです。...

2020/03/16
ウィーンの街は旧市街を歩いているだけだと狭いと思われる方が多いと思いますが、この街はとても広いです。 東京と同じ23区で成り立ち、街の面積は415km²もあり、見所も中心以外に多く点在しています。 東京は市がたくさんありますが、ウィーンはStadt Wienですからウィーン市です。 ウィーンを高い所から眺めようと思えば多くの可能性があります。...

2020/01/26
ウィーンは森の都とも言われ、ヨーロッパでは街の広さに対して緑の比率が最も高い街です。 中心部を歩いても緑が多いことがすぐわかり、外側にも多くの公園や庭園、そしてその豊かな緑を囲むもっと大きな緑がウィーンの森です。...

2019/12/27
昨日12月26日は特に"Stephanitag"(シュテファニーターク)とも呼ばれ、ウィーンのシュテファン大聖堂でお馴染みの聖人シュテファヌスの日でした。 クリスマスもカレンダーでは終わってしまいました。 今日から平日ですが、明日からはまた週末ですからそのまま休みを取っている人は多いはずです。...

2019/12/26
今日12月26日も第2クリスマスの日ということでお休みです。 今日は特に"Stephanitag"(シュテファニーターク)とも呼ばれ、ウィーンのシュテファン大聖堂でお馴染みの聖人シュテファヌスの日です。 年間を通して生活の中で一番重要なのはクリスマスです。...

2019/12/24
一昨日の日曜日が、Adventの第4日曜日となり、Adventskranzに4本目のロウソクが灯されました。 クリスマスが年間を通して最も重要なイベントです。 こちらでは今日の午前中にクリスマスツリーを装飾する人が多いと思います。 うちも先日買ったクリスマスツリーを今日まで庭のテラスに立てかけておきましたが、今日の午前中には部屋に入れてネットを外して飾ります。...

2019/12/03
何回も書いていますが生活の中で一番重要なイベントはクリスマスですね。 ひと月以上もクリスマスの空気を楽しむことからもわかります。 冬至に近づき、日が短くなっていくこの時期・・・それを吹き飛ばすクリスマスの習慣、この時期ウィーンの街中を歩くだけで何かうきうきした気持ちになりますね。...

2019/11/12
ウィーンの街にはクリスマスの空気が漂っています。 先週の木曜日には今年最初のクリスマス市がMQでオープンしました。 これから1月半はクリスマス1色となります。 気候は冬よりも秋の深まりを感じ、日中には青空が広がる日も多くあります。 秋の青空は素敵です。 街中でも十分秋を感じますが、やはり郊外に広がる自然とは違いがあります。...

2019/11/05
今日はずっとここに掲載したかったバーデンにあるベートーヴェン 第九交響曲作曲の家がリニューアルされたことについてです。 第九交響曲作曲の家については、2013年11月14日、2014年5月10日、2014年11月3日にそれぞれ話題にしていましたが、その後まもなくこの博物館がリニューアルされました。 リニューアルが終わって一般公開されたのは2014年秋からです。...

さらに表示する