ブログカテゴリ:ウィーンの車社会



2019/07/12
観光でウィーンの街を歩いていると、荘厳な歴史を感じる建造物が多いこともあり、美しい街の景観を意識します。 街並みが主体となるので、地元の生活に普通に使われている案内標識などはあまり意識しないかもしれませんね。 でも街を歩いている時にちょっと注意して見て下さい。 色々なひょうしきが立っていることに気づきます。...

2019/03/11
ウィーンは公共交通機関が非常に発達しているので、ウィーンに住んでいる限り車が無くても不便さは感じないでしょうか。 にもかかわらずウィーンは車の所持率がかなり高い街と言われています。...
2018/07/26
ウィーンはヨーロッパの街では車の所持率がかなり高いと言われています。 街中を歩けば至る所に路上駐車が見られます。 お客様からも「ものすごい路駐の状況ですね」とか「こちらは路駐が許可されているのですか」という質問がよくあります。 ウィーンの生活に慣れてしまうと当たり前ですが、日本で路駐をすればすぐにレッカー移動でしょう。...

2018/03/02
ヨーロッパの車文化は街が最初にあって、後から登場した車が歴史ある街に共存させてもらっているという感覚でしょうか。 ウィーンは車の所持率が高い街であり、たくさんの車が走っていて、そこらじゅうに路上駐車を見ることができます。 特に縦列駐車が頻繁に行われますので、縦列ができないとこちらでは話になりません。...

2017/11/08
ウィーンはヨーロッパで車の所持率が高い街ということになっていますが、確かに街中を歩けば路上駐車の宝庫です。 街の歴史がずっと古いので、後から来た車が共存させてもらっている・・・という感じです。 建物の中には中庭が多くありますが、中庭は例外を除いてまず駐車場として機能していません。...
2017/10/20
ウィーンは車の所持率が高い街ということですが、街中を歩けば路上駐車の嵐です。 日本ではあまり考えられませんが、こちらでは路駐は当たり前です。 街の歴史の方がずっと古いですから、後から来た車が街に共存させてもらっているわけです。 ウィーンは公共交通機関が発達していますから、車がなくても生活に支障はないでしょう。...

2017/08/20
ウィーンの中心部は道路も狭く一方通行もたくさんあって複雑です。そんなせまい道でもたくさんの路上駐車がされていて、それが街の風景に溶け込んでいます。でも構わず路駐していいかというと違います。 ウィーンは、Kurzparkzone(ショートパーキングエリア)制度が導入されています。...

2017/06/19
ウィーンの街も素敵ですが、オーストリアはウィーン中心部の荘厳な建造物が立ち並ぶ街並みからは想像できない郊外には美しいのどかな風景が広がっています。 車があれば手軽に郊外に出かけることができますから、絶対に車があった方が生活の幅が広がります。 ウィーンは車の所持率がかなり高く、それは街中を見ていても感じます。...
2017/05/16
ウィーンの街はCitybikeやカーシェアリングなどを積極的に取り入れていて、ウィーン旧市街は電気バスが主流に走っています。なるべく車に乗らないように・・・という動きを感じます。 それでもウィーンは車の所持率はヨーロッパでも高いと言われていますので、街中ではたくさんの車が走っているのがわかり、また路上駐車もありとあらゆる通りで見られます。...
2017/04/29
ウィーンの面積は415km²、人口は180万で東京と同じ23区に分けられています。 数字からもわかるようにウィーンの街は世界でもかなり広い街に数えられます。 ウィーンの街を歩くとわかりますが、車が多く走っていて、路上駐車もそこらじゅうに見られます。...

さらに表示する