カテゴリ:ウィーンの花



2020/07/13
Urlaub・・・休暇シーズンです。 今年はオーストリア国内で休暇を過ごす人が多く、人との密にならない自然が好まれています。 日本から比べればまだまだ日が長く感じるかもしれませんが、夏至が過ぎていますから日が短くなっていくことを思えば寂しい気持ちにもなります。 さて、今日はちょっと郊外に行くと多く出会える花です。

2020/06/28
ウィーンは6月13日に日中の気温が今年に入って初めて30℃を越えましたが、それ以外は23℃前後という湿気が少し感じられるものの気温的には過ごし易くなっています。しかし大気の状態が不安定な日が多く、天気予報には雨マークが多く見られます。 Gewitterと言われる暗い雲が押し寄せ、風が強くなって雷を伴う一時的に強い雨が降ることがよくあります。...

2020/06/21
オーストリアでは昨日6月20日23:44が夏至でした。 夏至のことをドイツ語ではSommersonnenwendeと呼んでいます。 オーストリアの気象庁によれば6月20の日の出が4:54、日の入りが20:59となっています。...

2020/06/16
今年のウィーンは不安定な天気になる日が多いです。 実際天気予報には晴れと雨のマークが同日に見られる日が多く、湿気もウィーンにしては強く感じられます。 本来梅雨というものはない西岸海洋性という気候区分ですが、地球温暖化の影響もあってか明らかに気候の性格が変わってきています。 ウィーンは6月13日に今年初めて日中の気温が30℃に達しました。...

2020/06/09
今年の春はかなり乾燥していましたが、ここ最近は雨が多く天気が不安定です。 湿気も感じるようになりました。 こちらは梅雨がなくカラッとした気候なのですが、地球温暖化の影響もあるでしょうか。 何となく梅雨的な気候を感じるようになりました。 冬があまり寒くなかったということにも関係があるかもしれません。...

2020/06/07
去年のウィーンは6月4日に日中の気温が初めて30℃を越えました。 今年は日中25℃を越えた日もありましたが、天気が不安定な日が多くキリスト昇天辺りか先日のPfingstenが終わり、晴れや雨が交互に訪れたような感じで涼しい日が続きました。 今週も天気予報を見る限りでは晴れと雨です。...

2020/06/05
6月に入りこれから夏至に向かって日がもう少し長くなります。 先週と比べると気温は高いものの、天気はまだ不安定気味です。 天気予報も晴れマークと雨マークの両方が毎日見られますね。 現時点ではかなり強い雨が降っているウィーンです。 さて、前回はこの時期至る所に見られるニワトコを掲載しましたが、今日の花も庭などによく植えられています。

2020/06/02
先週末からずっと天気が不安定なウィーンです。 青空が見られると思えば、暗い雲が覆い雨が降り始めてといった具合です。 昨日は雨もなく風は比較的強かったもののいい天気でしたが、今日は雨マークも見られます。 ウィーンの街は広いですから、ウィーン市内でも天気が違うことがよくあります。 しかし6月の夏至に向かって日がどんどん長くなっています。...

2020/05/28
週末から天気が崩れ、雨が多く降るようになりました。 今までは雨が少なく、空気がかなり乾燥していたので自然にとって雨が降った方がよかったでしょう。 雲の動きがかなり複雑で、青空も広がれば、雨が強く降ったりと大気は不安定になっています。 今週は雨マークが多いですね。...

2020/05/25
週末の土曜日は久しぶりに雨が多く降ったウィーンです。 昨日も青空もあり、雨も強く降りといった天気で、今日も朝から強い雨が降りましたが、しかし今は止んでいます。 それまでは雨が少なく空気がかなり乾燥していましたから、少しは雨が降ってよかったと思います。...

さらに表示する