ウィーンこぼれ話

 

ウィーンこぼれ話のコーナーにようこそ! 

 

私はウィーンが大好きで,住むのはウィーン以外には考えられません。

ここヨーロッパのウィーンに25年以上、充実した生活をしている中で得た、様々な経験談や現地情報、地元新聞などからの興味深い記事などや、オーストリアの名所などを時間がある時にあらゆる分野から、ブログ的に紹介しています。

とてもためになる話からどうでもいい話まで、観光で役立つ情報や様々な分野の情報が満載です。

しかも毎日更新です!

 

オーストリアはとても奥が深い国、その首都ウィーンはヨーロッパ文化が凝縮した街ですから、ありとあらゆる分野、様々な顔があります。

 

このコーナーのタイトルは「ウィーンこぼれ話」ですが、ウィーン以外の場所も話題にしています。

画像は写真が撮れる所だけのものを掲載しています。

掲載画像は全て私がその場所で実際に撮影したものであり、サイト内容と共に無断使用や無断転載は御遠慮下さい。

 

ウィーン(オーストリア)の奥深さをできるだけたくさん御紹介したいのですが、毎日忙しくてあまり深く、詳しく書いている時間が残念ながらありません。

でもあらゆる分野から色々なことを書いています。

特定のものを探される場合はサイト内検索を御利用下さい。

 

間違いがあれば是非御指摘お願い致します。 (^▽^)

 

 

          時間がある時に是非お読み下さい!

 

※このブログトップページに表示されている記事は、最新記事から遡って 合計30です。

 それ以前の記事は、月別、カテゴリー別に整理していますので御利用下さい!

 細かい検索はこのサイト内検索を御利用下さい。




月別

2019年

2019年12月 2019年11月 2019年10月 2019年9月 2019年8月 2019年7月
2019年6月  2019年5月  2019年4月   2019年3月  2019年2月    2019年1月

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2012年
 

カテゴリー別

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。とても励みになります! (^▽^)


春にお気に入りのサイクリングコースでリフレッシュ

自転車はヨーロッパのひとつの文化です。

ウィーンを歩けば自転車で走っている人がたくさんいます。

かつての帝国の都であるウィーンは荘厳な建造物が多く建ち並び、豊かな緑に囲まれた上品で優雅な街ですが、自転車もウィーンの光景のひとつで、ウィーンの街のカラーに完全に溶け込んでいます。

リンク道路を始めとして、街中には自転車専用道路が多く整備されていることがわかります。

観光の皆さんでも乗れるCitybike(シティバイク)のように、自転車を所有していなくても気軽にレンタルできるサービスが多くあります。

街中だけではなく、ドナウ河沿い、ドナウ運河沿い、ウィーン川などにもサイクリングコースが整備されていて、子供から大人まで、スーパーで買い物帰りの方から自転車選手まで多くの人が走っています。

 

私は仕事で自転車に乗ることはほとんどありませんが、プライベートでは頻繁に自転車に乗っています。

個人的に子供とよく走るのがEuro Vero9で、ここは本当に気持ちいいです。

 

 

続きを読む

春の美しき青きドナウ河

 ウィーンの街にはドナウ河が流れています。

ドナウ河はヨーロッパでは2番目の長い河で、全長約2.860km、ドイツを水源として、オーストリア、スロヴァキア、ハンガリー、クロアチア、セルビア、ルーマニア、ブルガリア、モルドバ、ウクライナと10ヵ国を通り、最後は黒海まで流れています。

その中でオーストリアのドナウは約350kmです。

全長2800km以上あるドナウ河の最も美しい所と言われている有名な「ヴァッハウ渓谷」は、幸いにしてこのオーストリアに位置しています。

ドナウ河は昔から重要な役割を担ってきました。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 259(コルクウィッチア/ショウキウツギ)

先日の新聞にも掲載されていましたが、ウィーンは今年の5月のこの時期、過去28年間ではもっとも寒いということです。

毎日曇りと雨・・・青空が全く見られませんでした。

先日私が御案内した8日間の中欧ツアーではウィーンを5月9日に御案内して、その後ウィーンを出て、プラハ、ブラチスラヴァ、ブダペストを回って5月14日に再び皆さんとウィーンで午後の観光をして空港まで行きました。

毎日雨模様の寒い日だったそうです。

 

しかし、昨日の午後からは天気も良くなり、青空が見られるようになりました。

週末からは晴れマークが登場し、気温も上がりそうですね。

 

前回は黄色のキバナフジを話題にしましたが、今日の花は小さいですが、色々な所に見られます。

 

続きを読む

Museum der Illusionen(イリュージョンミュージアム)

ウィーンには様々な博物館があります。

一般的な観光で多くの方が訪れるシェーンブルン宮殿のような宮殿もある意味では博物館的ですし、美術史博物館のような美術館や作曲家の家、国立オペラ座やシュテファン大聖堂・・・ウィーンでの観光ポイントは切りがありません。

それだけウィーンの街は奥深くて魅力的ということですね。

さて、ウィーンらしくない一種の博物館として去年マジックヒストリーツアー"TiME TRAVEL" を紹介しましたが、そのような博物館のひとつであるMuseum der Illusionen(イリュージョンミュージアム)を紹介します。

 

続きを読む

うちのお気に入り! 巨大な石で有名な自然公園「BLOCKHEIDE」

ウィーンは森の都・・・ヨーロッパの街の中では街の広さに対し緑の比率が最も高いです。

ウィーンの街を歩けばここは緑が多いな・・・ということを実感できます。

この時期のウィーンは緑が溢れていますね

でもいくら森の都ウィーンでも"自然を感じられる"と言えば公園以外では中心部ではほとんど見ることができませんね。

公園だって前からあった木などは残したかもしれませんが人工的に作ったわけですから、そういう意味では本当に自然とは言えないのかもしれません。

本当に自然を感じようと思えばやはり郊外に行くことになります。

観光レベルで手っ取り早いのはウィーンの森でしょう。

しかし観光で行くウィーンの森は言われある有名な決められた場所のみで、実際に地元の方々は有名所はさることながら様々な場所で自然を楽しんでいます。

 

オーストリアはウィーンを離れるとのどかな美しい風景が広がっている国で、ウィーンの郊外を始め、国内には豊かな自然が広がっています。

私も時間がある時には家族と色々な所に出かけています。

うちのお気に入りのスポットとして"Blockheide"(ブロックハイデ)があり、ここは毎年数回は行きますが、先月の4月におにぎりを持って出かけてきました。

 

 

続きを読む

ぶどう畑の横にあるHeiligenstädter Friedhof(ハイリゲンシュタット墓地)

ウィーンには中央墓地という世界的に有名な墓地があります。

ここは多くの音楽家が埋葬されていることと、映画「第三の男」のラストシーンの並木道があることで、今でもたくさんの方が訪れます。

この中央墓地があまりにも有名なので、ウィーンには他に墓地がないように思われる方が意外と多いですが、ウィーンも415km²とかなり広い街ですから外側には多くの墓地が今でも存在して、現在でも使われています。

 

今日はウィーンの郊外にある墓地をひとつ話題にします。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 258(キバナフジ)

5月の半ばと言っても天気が不安定なウィーンです。

去年から今年にかけての冬は日中の気温がマイナスになったのはたった3日しかなく、それもマイナス1℃ぐらいで暖冬であり、花の咲き始めも早かったにもかかわらずです。

天気予報を見ると、雨マークが続いていて、気温も10℃前後となるようで、今週は天気が悪いです。

 

さて、今日は色々な場所に見られる花をお届けします。

 

続きを読む

Genuss Festival(2019年)

10日間休めたゴールデンウィークウィーンが終わったこの週から仕事を始めた方が多いでしょう。

通常のペースにうまく戻れましたか?

ある日本の新聞に休みボケにならないように・・・なんていうことが書かれていましたが、こちらでは2週間、3週間の休暇が当たり前で、一箇所滞在型が多いです。

そんなに何日も同じ所にいて飽きてしまうのでは・・・と思われる方が多いでしょう。

いえいえ、それが本当の休暇です。

完全に仕事と切り離し、色々な面でリフレッシュをする・・・肉体的にも精神的にも健康です。

 

さて、今日は地元で毎年楽しみにされているこの時期のイベントをお届けします。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 257 (キリ)

昨日から青空がまた見られるウィーンの街ですが、雲も時間によっては多く現れ、ちょっと不安定です。

それまでは数日間10℃にも達しない気温で、雨も久しぶりに多く降りました。

5月は毎年必ず不安定な天気になります。

気温も15℃前後と空気の冷たさを感じます。

 

さて、前回はこの時期定番のマロニエを紹介しましたが、今日は紫が印象的な花をお届けします。

 

続きを読む

この時期はハイナーのイチゴのケーキ

ウィーンでのスイーツはカフェハウスと同じぐらい重要ですね。

ハプスブルグ帝国時代、宮廷ではデザート専門部門も厨房にありましたから、他の商品と同様、スイーツも宮廷に卸すことが認められた業者が多くあり、現在でもその名称を残しながら営業しているCafé  Konditorei(自家製のケーキを提供するカフェハウス)が多くあります。

このホームページを訪れて頂いてる皆様はすでに御存じのことと思いますが、私はケーキであればハイナーが一番好きで、ここの常連の1人です。

この時期私が楽しみにしているイチゴのケーキが2週間ぐらい前から登場し、すでに数回もう食べています(笑)。

店員さんとも顔馴染みなのでが私が注文する前から「イチゴのケーキですね?」と聞いてくれます。

 

続きを読む

ウィーンからチューリッヒを経由して日本に帰る場合の免税手続き

2019年4月1日からウィーン国際空港での免税手続きが変更となっています。

これに関してはすでにこのコーナーでも数回取り上げていますので以下御参照下さい。

 

ウィーン国際空港での免税手続きが変更

ウィーン国際空港での免税手続きが変更 2

ウィーン国際空港での免税手続きが変更 3

 

ウィーン国際空港での免税手続きはオーストリア税関からの委託を受けて

E Validationが行っていますが、免税手続きの流れは以前と変わりません。

私も4月1日から空港に何回も行ってますが、時間帯によってE Validationの混雑状況が全く違います。

これはフライト時間に関係するので、ある意味では運です。

 

さて、今日は意外と皆さんからの質問が多いウィーンからチューリッヒ経由で(もちろんチューリッヒでは乗り継ぎということが前提です)日本に帰る場合の免税手続きについて少しまとめておきます。

 

続きを読む

オーストリアに住んでいる外国人の国籍

先日はオーストリアに住んでいる外国人の数についてちょっと紹介しました。

オーストリアはハプスブルグ帝国時代からの多民族国家のカラーが現在でも浸透しています。

中でもかつての帝国の都であるウィーンにはオーストリア全体の40%にも上る外国人が住んでいます。

2018年2月26日付でウィーンに住む外国人はどの国からどのくらい?というタイトルでデータを紹介しましたが、今日はオーストリア全体です。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 256(マロニエ)

数日間雨模様の天気が続き、青空が少なかったウィーンですが、今日から青空が多くなりそうで、今も青空が広がる気持ちのいい朝です。

この時期のウィーンの街は緑がより緑に見えますね。

"森の都"とも形容されるウィーンの街・・・

同時に多くの花が咲いています。

 

さて、今日はこの時期最もウィーンらしいマロニエを話題にしましょう。

マロニエは街の至る所に見ることができます。

 

続きを読む

ベルヴェデーレ宮殿の大行列

10日間連続で休みが取れたゴールデンウィークも今日が最後でしょうか。

ウィーンにも日本から多くの方が来られました。

もっともウィーンはゴールデンウィークだからとか、御盆、年末だから特に忙しいということは私個人的には感じません。

日本からのお客様は有難いことに年間を通してウィーンに来られますので、中国やロシアのように極端に観光客が増加することもなければ、逆に減ることもありませんので非常に安定しています。

しかし先週のウィーンはヨーロッパや日本以外のアジア諸国からも多くの観光客が訪れましたので、宮殿や博物館に至る所に大行列が出来ていて、通常ではあり得ないことでした。

 

続きを読む

オーストリアでのガイド業務は国家資格であり、空港送迎、食事等のアテンドにも許可が必要です

オーストリアの法律では、仕事としてガイドができるのは国家試験をクリアーし、国家資格を持った、オーストリア政府から公認されているライセンスガイドでなければいけません。

続きを読む

CAFÈ GLORIETTE(カフェ グロリエッテ)

ウィーンは100年以上も続いている伝統カフェハウスが多くあります。

そのようなカフェに入ると、時間の流れが違いますね。

どこか懐かしさを感じて、しかし現在のウィーンにいることが実感できます。

カフェは完全に生活に密着しています。

私のこのホームページでも多くのカフェを話題にしましたが、今日は一般的ではなく、その場所に行って、あ~、ここはカフェになっているんだ・・・というカフェを少し紹介しましょう。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 255(アカバナサンザシ)

昨日は青空が広がるいい天気でしたが、今日は朝から強い雨が降っているウィーンです。

毎年この時期天気が崩れて気温が下がる日がありますね。

 

さて、昨日はシェーンブルン宮殿のフジのアーチを紹介しましたが、今日もシェーンブルン宮殿に咲くこの時期の印象的な花をお届けします。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 254(シェーンブルン宮殿のフジのアーチ 2019年)

仕事で1週間ぐらいイタリアに行ってました。

シチリア島をカターニアからエトナ山を経由してパレルモ、モンレアーレを訪れ、フェリーでナポリまで、そこから、ポンペイ、アマルフィ海岸を一周し、ナポリから昨日ウィーンに戻って来ました。

久しぶりに食べたナポリのピザは本当に美味しかったですね。

 

さて、今日はシェーンブルン宮殿のフジのアーチをお届けします。

 

続きを読む

ウィーンフィル ニューイヤーコンサートの座席表

早いもので今日から5月です。

私は現在仕事でシチリア島、ナポリに来ています。

ここも歴史があり、またハプスブルク家とも関係があって面白いですね。


ヨーロッパ文化が凝縮したウィーンの街の奥深さを皆さんと共有したいこと、知って頂きたいことから仕事の合間をぬってこのホームページの運営を始め、お陰様で毎日安定したアクセス数を頂けるようになり、同時に日本だけでなく、海外からも多くの方がこのホームページからガイドサービスのお申込みをされるまでになりました。

ひとつ残念なのは、せっかくガイドサービスのお伺いを頂いても、体がひとつしかないので止むを得ずお断りせざる負えないことが多くありますので、是非御理解の程お願い申し上げます。

 

さて、私のホームページの中で、毎月コンスタントにアクセス数があるページのひとつに楽友協会ホールの座席表がありますが、ここにはニューイヤーコンサート時の座席表は紹介しておりませんので、今日はそれをここに掲載します。

 

続きを読む

Anker(アンカー)のメランジェ

ウィーンで一番好んで飲まれているカフェと言えばメランジェでしょうか。

コーヒーとミルクの量が1対1で、上には泡立てたミルクがのせられます。

地元で一番好んで飲まれているのがメランジェであれば、そういう意味でメランジェをウィーンナーコーヒーと言ってもいいような気がします。

ウィーンはカフェの文化が根付いていて100年以上も営業している伝統カフェハウスがいくつもあります。

私はそんなに頻繁にコーヒーを飲んでいるわけではありませんが、例えば仕事で長くウィーンを留守にする時や、日本に休暇で帰った時などこのメランジェの味が無性に恋しくなるろますね。

カフェ文化があるウィーンの街では観光中に有名なカフェに入ってゆっくりする時間も大事です。

でもメランジェを飲むのであれば、必ずしもカフェに行かなくても飲めます。

例えばパン屋さんでも飲むことができます。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 253(ライラック)

ウィーンは金曜日までは日中の気温が25℃を超え、初夏のような陽気で、太陽の下にいるとむしろ夏を感じましたが、週末より気温が10℃以上下がり、予報によると10日以上15℃に達しない不安定な天気になりそうです。

季節の変わり目の陽気は中途半端で、雲の動きが複雑になりにわか雨が多く来ます。

 

さて、今日もウィーンの至る所で見られるこの時期の花ですが、今年は花の咲き始めが10日~2週間ぐらい早いので、場所によってはかなりの時差がありますね。

 

続きを読む

知られざる美しい中庭風景 67

ウィーンの中心部をちょっと歩くだけでも、個性ある多くの中庭空間に出会えます。

普通に街中を歩く時は、自分が見えている所を意識して歩く時が多いでしょう。

しかし、全く見えない所に知られざる美しい中庭空間があり、ウィーンらしい地元の空気を感じることができます。

前回の知られざる美しい中庭風景66では、レストランの中庭空間を話題にしました。

今回もレストランの中庭空間をお届けします。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 252(エゾノウワミズザクラ)

復活祭が終わって春の訪れを実感しますが、日中の気温が25℃を超える日が多くなり、太陽の下にいると夏を感じます。

こちらは春と夏の間が中途半端であることが多く、夏のような陽気になることもあれば、10℃近くまで下がることもあります。

今年も乾燥していて、現時点では雨が非常に少ないです。

毎年の暖冬も影響し、木々などが傷んで切り倒される状況が多く見られます。

4月23日にちょっと気温が下がり、久しぶりに雨が降りましたが、少ない雨量でしたね。

 

さて、いわゆるサクラはもう咲き終わっていますが、今日はこちらでよく見られるサクラ系の花をお届けします。

 

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 251 (セイヨウハナズオウ)

今年の春になるちょっと前は例年よりも10日~2週間ぐらい花の咲き始めが早かった印象です。

冬も寒くなく、雨が非常に少ないので、街路樹などにかなり被害が出ているようで、切られてしまった街路樹がよく見られます。

非常に残念なのは市立公園にある岐阜の桜が切られてしまいました。

理由は確認していませんが、とても残念なことです・・・。

前回はヤブイチゲの白い花を紹介しましたが、今日はピンクです。

 

 

続きを読む

桜の森祭り 2019年 (KIRSCHENHAIN)

昨日の4月24日は毎年恒例のKirschenhain (桜の森)祭りが行われました。

この桜の森祭りは今年で18年目を迎え、過去5回雨や悪天候で中止になっていて、今年は13回目ということになります。

前回は2016年だったので2年連続中止となったわけですね。

このイヴェントはウィーン市21区、ウィーン市森林局、日本大使館の主催によるもので、ウィーンのドナウインゼルという人口の島の一角で毎年この時期に行われます。

 

続きを読む

ウィーンのちょっと珍しいアングル 67

Ostern(復活祭)が終わり、今日から学校がまた始まりました。

先週15日からはOsterferien...復活祭のお休みだったので、この休暇を利用してたくさんの地元の人がどこかへ出かけました。

 

さて、今日はウィーンのちょっと珍しいアングルシリーズです。

前回のウィーンのちょっと珍しいアングル66ではシュテファン大聖堂をいつもと違う角度で見たり、路面電車のポイントの切り替えを話題にしました。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 250(ヤブイチゲ)

Osterferien・・・復活祭休暇は明日までですが、カレンダーでは復活祭が終わり、今日から仕事を始める人が多いでしょう。

昨日までは日中20℃を超えて半袖でちょういい陽気でしたが、今日は気温が下がっています。

春の訪れを祝う意味が強い復活祭が終わって気温が下がるというのも偶然にしてはタイミングが良すぎる気がします。

余談ですが私のホームページにリンクしている天気予報は結構当たりますので、個人的には信用しています。

 

さて、前回はムスカリを話題にしましたが、今日のこの花もこの時気こちらでは人気あるポピュラーな花です。

 

続きを読む

復活祭のシェーンブルン宮殿

昨日の4月21日はOstern(オステルン)・・・復活祭でした。

カトリックでは3月22日~4月25日に復活祭がやって来ますから、今年は遅い復活祭ということになります。

復活祭と言ってもあまりキリストが復活したことを祝っている空気は教会以外では感じられず、むしろ春の訪れを迎えているといった空気です。

今年の復活祭界隈の天気は非常に良く、日中20℃を超える暖かさが続いています。

太陽の下にいると春ではなく初夏を感じます。

今日4月22日はOsrtermontag...イースターマンデーで祝日です。

先週15日よりOsterferien・・・復活祭休暇に入っていて、多くの地元の人は休暇に出かけています。

しかし、逆にヨーロッパを始め、ウィーンに多くの観光客が訪れますので、街中の交通量は少なくても観光スポットは相当混雑しています。

昨日復活祭のシェーンブルン宮殿の様子をお届けします。

 

続きを読む

OSTERN(復活祭)2019年

今日4月21日はOSTERN(オステルン)・・・復活祭です。

イエス・キリストが復活したことを祝うことから「復活祭」と呼ばれていますが、ドイツ語では"OSTERN"(オステルン)と言います。

このOSTERNがイエス・キリストの復活を祝うことから日本語では"復活祭"と訳されているだけなので、厳密には正しい訳ではありません。

イエス・キリストが復活することをドイツ語ではAuferstehung(アウフエアシュテーウング)という言葉が使われます。

 

続きを読む

ヴァッハウ渓谷 Weißenkirchenでハイキング

オーストリアはヨーロッパアルプスを大きく横たえて持っているという地形の特徴があります。

ウィーンは荘厳な建造物が建ち並ぶかつての帝国の都ですから、ウィーンの街中にいる限りアルプスがあるということすら意識しません。

でもちょっと郊外に足を延ばすと豊かで美しい自然に出会えます。

地元の人はこの豊かな自然をそれぞれのペースで楽しんでいます。

散歩、散策、ハイキング、トレッキング、本格的な登山・・・様々です。

うちは自然が大好きなので、仕事の合間をぬって郊外によく出かけます。

たいていハイキングや散策と組み合わせて、その地域の郷土を楽しんでいます。

 

この前ちょっとしたハイキングをするためにヴァッハウ渓谷に行きました。

 

続きを読む

 

 

ページのトップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム   ガイド料金と業務内容について     オーストリア国家公認ガイド

 


オーストリアの概要     ウィーンお勧め観光コース

 

 

ウィーン観光で役立ちそうな情報           ウィーンの公共交通機関   

 

 

ウィーンの博物館とオープン時間     お問い合わせ     掲示板

 

 

ウィーンこぼれ話(ブログ)       利用規約      リンク集