ウィーンこぼれ話

 

ウィーンこぼれ話のコーナーにようこそ! 

 

私はウィーンが大好きで,住むのはウィーン以外には考えられません。

ここヨーロッパのウィーンに25年以上、充実した生活をしている中で得た、様々な経験談や現地情報、地元新聞などからの興味深い記事などや、オーストリアの名所などを時間がある時にあらゆる分野から、ブログ的に紹介しています。

とてもためになる話からどうでもいい話まで、観光で役立つ情報や様々な分野の情報が満載です。

しかも毎日更新です!

 

オーストリアはとても奥が深い国、その首都ウィーンはヨーロッパ文化が凝縮した街ですから、ありとあらゆる分野、様々な顔があります。

 

このコーナーのタイトルは「ウィーンこぼれ話」ですが、ウィーン以外の場所も話題にしています。

画像は写真が撮れる所だけのものを掲載しています。

掲載画像は全て私がその場所で実際に撮影したものであり、サイト内容と共に無断使用や無断転載は御遠慮下さい。

 

ウィーン(オーストリア)の奥深さをできるだけたくさん御紹介したいのですが、毎日忙しくてあまり深く、詳しく書いている時間が残念ながらありません。

でもあらゆる分野から色々なことを書いています。

特定のものを探される場合はサイト内検索を御利用下さい。

 

間違いがあれば是非御指摘お願い致します。 (^▽^)

 

 

          時間がある時に是非お読み下さい!

 

※このブログトップページに表示されている記事は、最新記事から遡って 合計30です。

 それ以前の記事は、月別、カテゴリー別に整理していますので御利用下さい!

 細かい検索はこのサイト内検索を御利用下さい。




月別

2019年

2019年12月 2019年11月 2019年10月 2019年9月 2019年8月 2019年7月
2019年6月  2019年5月  2019年4月   2019年3月  2019年2月    2019年1月

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2012年
 

カテゴリー別

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。とても励みになります! (^▽^)


白馬亭から眺めた夕方のWolfgangsee

オーストリアにはウィーンを含めて9つの州があり、それぞれに個性があって美しい街や風景が広がっています。

ヨーロッパアルプスが大きく横たわっているという変化に富んだ地形もオーストリアならではですね。

オーストリアの美しい風景を堪能する一番のお勧めは車で走ることです。

電車の旅ももちろんいいですが、もっとローカルを見ることができるのは車でしょう。

郊外にちょっと出かけると美しい自然に出会えます。

 

今日は私が大好きな白馬亭からの風景をお届けします。

 

 

続きを読む

ウィーンのちょっと珍しいアングル 70

7月6日にウィーンは再び30℃を超えましたが、それ以降は涼しくなり、20℃を下回るひさえあり、雨も多く不安定な天気が続いていましたが、昨日はまた30℃を超える暑い日となりました。

なんて書くとウィーンでいつもの通り生活をしているような雰囲気ですが、7月始めから日本に休暇で帰っていまして、昨日戻って来たばかりです。

今までは4月とか11月などに一時帰国をしていましたので、私にとっては26年ぶりのこの時期の日本でした。

梅雨がまだ明けず、雨模様の不安定で、湿気を強く感じる気候でした。

長くウィーンの気候に体が慣れていることを強く感じましたね。

 

さて、前回のウィーンのちょっと珍しいアングル69では市庁舎を話題にしましたが、今日は教会の塔です。

 

続きを読む

代表的なソーセージ "Sacherwürstel"(サッヒャーヴュルステル)

"ウィーン"という名前は日本語です。

ドイツ語ではWIEN...ヴィーン...この"W"を英語発音のウ...そこから日本語ではウィーンとなったわけです。

ということは"ウィーン"と発音しても日本でしか通じないということになります。

こちらでは誰もがヴィーンと呼んでいます。

 

さて、"ウィーン"という言葉を使って、ウィーンナーコーヒーとよく言われますが、こちらではそのような名称は存在しません。

ついでに"ウィーンナーソーセージ"だって存在しません。

ソーセージの経緯はまたいつかここで話題にしたいと思いますが、今日は地元で人気のあるシンプルなソーセージを紹介します。

 

 

続きを読む

ウィーンの街中にある最小で最古のぶどう畑

日本でヨーロッパワインと言えば、ドイツ、フランス、イタリア・・・などが一般的でしょうか。

オーストリアワインはまだまだ日本ではマイナーなワインであることが残念です。

でもこの国オーストリアは生産量からすればヨーロッパでは3本指に入るとさえ言われるワイン王国です。

オーストリア国内には45.790haの広大なぶどう畑が存在し、9つ全ての州でワイン生産が行われていますが、主に16の生産地域に分かれています。

州としては、ウィーン、Niederösterreich、Burgenland、Steiermarkの4州が基本で、アルプスの標高が高くない地域を除いてワイン産業が営まれています。

ウィーンのぶどう畑と言えば多くの人が19区のカーレンベルク界隈の裾野やNeustift am Walde、21区のStammersdorfなどを思い浮かべると思いますが、ウィーンの街中にぶどう畑があるのに気付いていましたか?

 

続きを読む

Wertheimsteinpark(ヴェルトハイムシュタイン公園)

ウィーンは"森の都"とも形容され、ヨーロッパの街の中で街の広さに対し緑の比率が最も高い街と言われています。

ウィーンの街を歩けば緑が豊かだな~ということを誰もが実感するでしょう。

その街中の豊かな緑をもっと豊かな緑で外側から囲んでいるのがウィーンの森です。

 

ウィーンの街には至る所に公園や庭園があり、ウィーン市や国がしっかり管理しています。

基本的に公園はStadtgärtenでウィーン市の管理、庭園はBundesgärtenで国が管理します。

今日は観光ではまず知られていない、しかし地元で知られている大きな公園を紹介します。

 

続きを読む

一般開館前にベルヴェデーレ宮殿のクリムトを案内する

ウィーンには7つの美術館がありますが、質から言ってヨーロッパ3大美術館のひとつに数えられる美術史博物館は通常の観光内容に含まれていたり、午後のオプショナルツアーなどにもなっていることもあり、また個人旅行のお客様にここだけを2~3時間かけて御案内したりと年間を通して頻繁に訪れます。

またここは去年10月2日からブリューゲル(父)展が開催されていて、大変話題になりました。

その美術史博物館と同じぐらい多く行くのがベルヴェデーレ宮殿のクリムト鑑賞です。

 

続きを読む

グロリエッテのそばにあるあまり気付かない当時の彫刻

シェーンブルン宮殿の庭園に行けば、丘の上にある堂々としたグロリエッテが見えます。

それを見れば誰もがあそこに行ってみたいなと思うはずです。

一般団体ツアーの場合は決められた時間内で多くの見所が詰め込まれているため、シェーンブルン宮殿の内部見学をしても、庭園でのんびり過ごすというわけにはいきません。

団体ツアーは必ず国家ガイドが案内しますので、観光のクオリティーは高いですね。

逆に個人旅行されている方は、ここまで足を延ばすことが多いでしょうか。

ここからの眺めは素晴らしいですし、有料ですがグロリエッテ自体に上ることもできます。

私は年間を通して個人のお客様と来ることはよくあります。

ここに来たら、下から見る以上に大きなグロリエッテとそこからの眺めを楽しむことがメインとなるため、このそばにちょっと貴重な物が置かれていることに気付く方は少ないようですね。

今日はそれをちょっと紹介しましょう。

 

続きを読む

ウィーンの通りの表示 3 (通りを示す標識を持ってみた)

ウィーンは "~通り ~番地" というように簡単に住所を探すことができます。

通りには全て名前が付けられていて、建物それぞれに番号が付けられています。

目的の通りがどこにあるかがわかれば、後は建物の番号を辿って行けばいいです。

通りの他にはPlatz(広場)も多く、Allee(並木通り)やZeile (家並み)などもあります。

通りにはStraßeや Gasseが非常に多く使われています。

Gasseは小路でStraßeよりも短いイメージがあります。

ウィーンには6.842の通り(2014年時点)が存在し、全部で2.763kmもあります。

因みにウィーンで一番長い通りはHöhenstraße (14.8km)、一番短い通りはIrisgasse (17m) です。

 

通りの始まりと終わりの建物の、日本で言う1階と2階の間の辺りに、紺色で白字で通りの名前が書かれた標識が多く掲げられていることがわかります。

旧市街などでは昔風の通りの標識も多く見られます。

 

続きを読む

ドナウ河沿いにあるカフェ

ウィーンのカフェハウス文化は無形文化遺産にも登録され、100年以上続く伝統カフェが多くあります。

ウィーンに来たら伝統カフェに必ず寄って下さい。

観光で疲れたらカフェで一息する・・・カフェだってウィーンの重要な観光ポイントです。

くつろぎながら、ウィーンのカフェの空気を感じる・・・優雅な観光ですよね。

現在の時の流れとは違った流れを感じるはずです。

カフェはウィーンの生活に完全に密着しています。

 

観光でカフェと言えばたいてい旧市街にあるカフェに行くことが多いと思いますが、ウィーンも広い街ですので、もちろん中心だけではなく外側にもカフェはたくさんあります。

個人的にSperl(シュペルル)が大好きですが、ケーキがおいしいハイナーも常連となっています。

今日は観光ではまず行くことがない、でも地元では知られているカフェをちょっと話題にしましょう。

 

続きを読む

石畳の路地をトラクターが走る光景

ウィーンの街は415km²と、かなり広い街で、Stadt Wienですからウィーン市です。

ウィーン市は東京と同様、23区で成り立っていますが、東京はたくさんの市がありますが、ウィーンはウィーン市ひとつが23区で分けられています。

同時にオーストリアの首都でもありますね。

ウィーンの中心部は世界遺産に登録されていて、荘厳な建造物に囲まれ、かつての帝国の都であったことを偲ばせます。

"森の都"とも形容される通り、ヨーロッパの街では街の広さに対し、緑の比率が最も高いウィーンの街です。

中心部にも緑が多いですが、外側に行くとウィーンの中にいるとは思えない豊かな自然が広がっています。

ウィーンの森などはその一例です。

 

今日はウィーンの郊外からウィーンらしいひとつの光景をお届けします。

 

 

続きを読む

こんな禁止標識

観光でウィーンの街を歩いていると、荘厳な歴史を感じる建造物が多いこともあり、美しい街の景観を意識します。

街並みが主体となるので、地元の生活に普通に使われている案内標識などはあまり意識しないかもしれませんね。

でも街を歩いている時にちょっと注意して見て下さい。

色々なひょうしきが立っていることに気づきます。

車を運転している人であれば、何となくこういう意味だろうな...と分かるものもあれば、これは何を意味しているのだろう...と考え込んでしまうものもあるでしょう。

さらにドイツ語で書かれた多くの補助標識も見られます。

今日はひとつの標識を話題にしてみましょう。

 

 

続きを読む

電気自動車の普及率がヨーロッパで第2位(2019年2月時点)

約2年前の2017年5月16日付で電気自動車は普及するか?というタイトルで電気自動車の導入や主要自動車メーカーの電気自動車の種類と価格を紹介しました。

それから約2年が経ち、ウィーンの街中でもより多くの電気自動車が見られるようになり、充電スタンドも色々な所に設置されているので明らかに普及していることがわかります。

オーストリア政府がその当初2017年3月に電気自動車を購入する消費者へ4.000ユーロの援助金(一時的)が支払われるようになったことも急速な普及につながっています。

 

ヨーロッパ全体的に見ると現時点でオランダの次にオーストリアは第2位の電気自動はの普及率となっています。

 

続きを読む

シェーンブルン宮殿にも郵便ポストがあります

シェーンブルン宮殿を観光している時に、お客様から「絵葉書を出したいんですが、どこかで出せますか?」という御質問をよく受けます。

 

灯台下暗しではありませんが、実はシェーンブルン宮殿にはちゃんと郵便ポストが設置されていて、街中のポストと全く同ようにハガキを出すことができます。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 274(ネムノキ)

7月に入って休暇シーズンに突入しました。

ウィーンは学校が6月28日に終わったので、その日の午後から休暇に出かける人も多いです。

こちらは9月が新年度ですから、6月は年度末です。

地元ではこの時期の当たり前の光景となった工事が至る所に見られます。

皆さんがバカンスに出かけるので、交通量も少なくなる・・・待っていたかのように道路工事などが多くなります。

道路工事以外でも例えば地下鉄4号線(U4)のモダン化は地元だけでなく、観光客にも大きな影響が出ています。

 

さて、今日も花をテーマにします。

前回はノウゼンカズラを紹介しましたが、今日の花も多くの所で見ることができます。

 

続きを読む

Die Garten Tullnに行って来た(2019年)

ウィーン中心部はかつての帝国の都であり、荘厳な建造物が建ち並んでいます。

公共的建物以外は宮殿や集合住宅が主流ですので、一戸建ては見られません。

でもちょっと外側に足を延ばすとウィーンでも庭付きの家が多く立っている地域がたくさんあります。

区で言えば12区、15区、20区を除いた2桁台の区ですね。

一戸建ての庭はたいてい手入れが行き届いていて、ガーデニング文化の重要性を感じます。

街中をあるいていてもレストラン、カフェのテラスが至る所に見られますね。

 

さて"庭"と言えばうちがよく行くお気に入りのスポットのひとつにトゥルン庭園があります。

 

続きを読む

シェーンブルン宮殿のチケット売り場が9月より移動します

今年30℃を始めて超えた時のシェーンブルン宮殿地下鉄4号線(U4)のモダン化工事のためシェーンブルン宮殿へ向かう時の支障がでることについてお知らせしました。

シェーンブルン宮殿は一般団体ツアーでは必ずと言っていい程訪れますし、ウィーンに初めて来た方でシェーンブルン宮殿を見学されない方はまずいないと思いますので私は仕事柄毎日、いや1日に2回行くことも頻繁です。

そのためシェーンブルン宮殿の話題が多くなってしまいますが、今年9月よりシェーンブルン宮殿のチケット売り場(いわゆるInfoセンター)が移動します。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 273(ノウゼンカズラ  Indian Summerとマダム・ガレン)

今年の6月は日中の気温が30℃を超える日が13日あり、翌日7月1日は38℃を超えました。

その日の夕方から雲行きが怪しくなり、Gewitter(雷を伴った激しい雨)がやって来て、一時的に20℃ぐらいも気温が下がりました。

翌日7月2日は22℃ぐらいと涼しくて気持ちいい朝となりました。

しかし、予報を見ると週末よりまた30℃を超えそうです。

 

さて、前回はあまり街中では見られないヒメイワギボウシを話題にしましたが、今回は非常にポピュラーな花をお届けします。

 

続きを読む

Plachutta(プラフッタ)のウィーンナーシュニッツェル

ウィーンの3大名物料理と言えば Wienerscnitzel(ウィーンナーシュニッツェル)Tafelspitz(ターフェルシュピッツ)Ziwebelrostbraten(ツヴィーヴェルローストブラーテン)でしょう。

それ以外にも多くのウィーン料理が存在します。
そうです、"ウィーン料理"です。
街の名前で・・・料理とつくのはそう多くはないはずです。
ウィーンはかつての帝国の都、神聖ローマ帝国の皇帝の居城が永らく置かれた街ですから、宮廷には様々な地域からの料理が集まり、ウィーン料理と言われるようになったわけです。
ウィーン3大名物料理の中で、圧倒的に人気を誇るのはウィーンナーシュニッツェルでしょう。
このコーナーでも色々なウィーンナーシュニッツェルを紹介しましたが、今日はPlahutta(プラフッタ)のウィーンナーシュニッツェルをお届けします。
続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 272(ヒメイワギボウシ)

早いもので1年の半分過ぎました。

今年は5月が過去28年間で最も寒くて雨も多く、日中の気温が10℃に達しない日もありましたが、6月から一挙に真夏になり、6月4日には今年初めて30℃を超え、結果的に6月は30℃を超えた日が13日、7月1日には暑さの記録を更新し、38℃を超えました。

その日の夕方18:30頃、雷を伴った激しい雨が降りました。

こちらでは"Gewitter"と呼ばれています。

 

さて、限られた花が咲くこの時期ですが、前回はポピュラーなフサフジウツギを話題にしましたが、今日は同じ紫の違う花です。

 

続きを読む

赤いきつねと緑のたぬきが売っていた!

ウィーンにはもう200軒以上の和食系(中華ではなくアジア系)のレストランが存在していると思います。

でも本来の日本の味が楽しめ、実際に日本の方がやっているレストランは数軒しかありません。

つまりほとんどは日本人以外の人が経営しているわけですね。

それでも場所によっては日本語の看板とかが出ているので、外から見たら本当に日本人経営かどうかはわかりません。

ウィーンで和食をお勧めするとなると以前は天満屋さんが最高でしたが、残念ながら4年前の1月に閉店となりました。

現在では日本橋をお勧めします。

ここは日本の方の経営で、厨房にも日本の方が働いていて、天満屋さんで働いていた人もここにいます。

私も仕事でも、個人的にもお世話になっています。

日本食材と言えば、ナッシュマルクト界隈にある日本屋さんが昔から純正日本食材を中心に販売しています。

私もここにもよく行きますが、日本の相場と比べると3~5倍ぐらい高いんですね。

こちらで生活している学生さんなどは日本のスーパー感覚で買い物したら大変です。

日本屋さん以外にはウィーンには多くのアジア食材店があり、場所によってはかなり日本の物もあり、たいてい日本屋さんより安く売られていますので、ウィーンに住んでる日本人はかなり利用しているはずです。

私も家から数キロ離れた所に中国人経営の大きなアジア食材店があり、かなり頻繁に利用しています。

ここは最近、私もプッシュした甲斐があり日本の物が以前よりもかなり充実してきました。

前回に行った時にかゆい所に手が届く物が多くあって、その中に赤いきつねと緑のたぬきがありました。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 271(フサフジウツギ)

6月4日にウィーンは今年になって初めて日中の気温が30℃を超え、いきなり真夏が到来したウィーンです。

こちらは9月から新年度が始まりますので、6月は年度末、そして7月、8月は休暇シーズンですね。

ウィーンは学校が6月28日が最後の日でした。

もうその日の午後から休暇に出かける地元の人も多いですね。

実際うちの子供の親友家族もすぐに休暇に出かけました。

休暇シーズンは地元の人がウィーンを離れても、逆にヨーロッパ、世界から多くの人がウィーンに来ますので、地元のカラーが少なくなっても混雑します。

 

さて、前回はユッカを話題にしましたが、今日の花もこの時期色々な場所で見られます。

 

続きを読む

楽友協会の黄金の間で久しぶりにコンサートを楽しんだ

先日シェーンブルン宮殿の庭園で開かれたウィーンフィルのSOMMERNACHTSKONZERTを話題にしました。

次の日の朝にはシェーンブルン宮殿で仕事をしましたが、もうステージの解体作業が始められていました。

その時宮殿の中から庭園を御案内している時に、前の日に何が行われたかをお客様に御案内しましたが、皆さんが「あ~、あと1日早ければな~・・・」というリアクションをされました。

改めて録画したこのコンサートを見ると、ニューイヤーコンサートとはもちろん違うのですが、出て来る映像はそれにかなり近い、似たような演出を感じますね。

 

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートは世界で最も音響がいいホールのひとつと言われる楽友協会の黄金の間で行われます。

先日、子供と久しぶりにこの黄金の間で行われた有名なピアニストのコンサートに行って来ました。

 

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 270(ユッカ)

もう6月も今日が最後です。

今年のウィーンは6月から真夏になり、日中の気温が30℃に達した日は、おそらく今日は30℃を超えますから今日を入れて13日です。

6月26日は日中の気温は35℃を超えました。

それ以外は27℃~30℃ぐらいの暑い日が多かったです。

 

さて、この時期は咲いている花も少なくなり、緑が多くなっているウィーンですが、前回はアメリカキササゲを話題にしましたが、今日のこの花もウィーンの色々な場所で見られます。

 

続きを読む

また地下鉄4号線の工事が始まります

今日はまた大きな支障が出る地下鉄工事をお知らせします。

 

本日2019年6月29日よりまた地下鉄4号線の大きな工事が始まります。

国立オペラ座界隈のKarlsplatz駅から地下鉄4号線でシェーンブルン宮殿に行かれる方は要注意です。

 

続きを読む

今年最初に30℃を超えた日のシェーンブルン宮殿

もう何回も書いていますが、今年の5月は過去28年間で最も寒かったということです。

雨も多く、日中の気温も10℃を下回ることもありました。

しかし、6月に入ってそれまでの5月が嘘のように真夏の到来となり、日中の気温が30℃を超える日がすでに12日となっています。

 

今日は今年最初30℃を超えた時のシェーンブルン宮殿をお届けします。

 

続きを読む

知られざる美しい中庭風景 69

昨日のウィーンは今年でもっとも暑く、35℃を超えました。

いや~、暑かったですね。

今日は昨日ほどではなさそうですが、日中30℃を超える予報です。

 

ウィーンの街はぶらぶら歩くだけで楽しいです。

特に中心部は歴史が詰まっていて、かつての帝国の都であったことを偲ばせます。

それでいてウィーンにはもちろん現在の人々の生活があります。

昔と今が交差した奥が深い街です。

そんな街中を歩くと、建物の外観が目に入って来るので街並みを見ることになりますが、それぞれの建物には必ずと言っていい程中庭空間があります。

入れる所は思い切って入って見ましょう。

きっと外の世界とは時間の流れ方が違っていて、美しい空間が多くあります。

 

さて、前回の知られざる美しい中庭風景68ではウィーン中心部のWollzeileから話題にしましたが、今日もウィーン旧市街からです。

 

続きを読む

シェーンブルン宮殿で出会った自転車ツーリングの皆さん

シェーンブルン宮殿はヨーロッパで重要なバロック建築であち、オーストリアの世界遺産のひとつにもなっています。

通常の団体ツアーでは必ずと言っていい程シェーンブルン宮殿を見学します。

そのため私もシェーンブルン宮殿には毎日、いや1日午前、午後と2回来ることも頻繁にあります。

最近のパッケージツアーは本当に観光内容が詰まっていることが多く、ガイドがホテルまで行って、そこから始まると時間が無駄になるので、(本当はホテルから始まった方が観光のクオリティーが高くなりますが、多くの場所を訪れるため、それだと時間内に収まりません)シェーンブルン宮殿からスタートするのが当たり前となっています。

さて、6月11日の朝、いつものようにシェーンブルン宮殿に行ったら、正門前で盛り上がっている団体さんを見ました。

皆さん統一したユニフォームを着ていたので、すぐに遠くからでも察しがつきました。

 

続きを読む

ウィーンによく見られるこの時期の花 269(アメリカキササゲ)

夏至が終わってこれから日が短くなるということを考えるとちょっと寂しいですね。

でもこれから休暇シーズンです。

こちらは9月から新年度が始まりますので、6月は年度末ということになります。

今日からまた日中の気温が30℃を超えるようで、5月が過去28年間で一番寒かったと言われていますが、6月はその反対で暑い日多いです。

 

さて、この時期咲く花もだいぶ限られてきましたが、今日は前回の黄色いモクゲンジでししたが、今日はこの時期によく見られる印象的な白い花です。

 

 

続きを読む

観光中に皆さんとハイナーへ

今年の5月は天気が不安定で、曇りや雨の日が多く、過去28年間で今年は最も寒い5月だと新聞にも掲載されていました。

私のこのサイトに見られる天気予報も雨や曇りマークが多く、晴れマークが出ても雲と雨のマークも一緒に登場することが普通となっていました。

青空の下で皆さんにウィーンの街を御案内する機会が少なかったですね。

梅雨がない気候なので梅雨のような感じがしました。

 

さて、その5月のある天気のいい日に全日で北陸からの皆さんと御一緒させて頂きましたが、午後の街歩きの時に、どこかで美味しいケーキを食べようという空気になりました。

シュテファン大聖堂が観光ポイントになっていたので、その界隈でのカフェをいくつか候補に挙げ、ハイナーに行こうということになりました。

 

 

続きを読む

開放的な国民庭園(Volksgarten)

ウィーンは6月4日に今年になって初めて日中30℃を超え、6月10日からは毎日30℃以上、6月15日は35℃となりました。

本当に暑いが続きましたが、その後少し落ち着き、昨日の夜はかなりの雨が降り、今日は天気がよくありませんが、現時点で20℃涼しいです。

しかし・・・

明後日からはまた日中30℃を超える暑さが続くようです。

梅雨がないからっとした気候でも日差しが日本よりも強いですから、日本のような不快な暑さではありません。

無理しないゆとりある観光を楽しんで下さい。

 

さて、先日開放的な王宮庭園を話題にした所、多くの方からアクセスを頂きましたので、今日は開放的な国民庭園(Volksgarten)をお届けします。

 

 

続きを読む

 

 

ページのトップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム   ガイド料金と業務内容について     オーストリア国家公認ガイド

 


オーストリアの概要     ウィーンお勧め観光コース

 

 

ウィーン観光で役立ちそうな情報           ウィーンの公共交通機関   

 

 

ウィーンの博物館とオープン時間     お問い合わせ     掲示板

 

 

ウィーンこぼれ話(ブログ)       利用規約      リンク集