ウィーンこぼれ話

 

ウィーンこぼれ話のコーナーにようこそ! 

 

私はウィーンが大好きで,住むのはウィーン以外には考えられません。

ここヨーロッパのウィーンに25年以上、充実した生活をしている中で得た、様々な経験談や現地情報、地元新聞などからの興味深い記事などや、オーストリアの名所などを時間がある時にあらゆる分野から、ブログ的に紹介しています。

とてもためになる話からどうでもいい話まで、観光で役立つ情報や様々な分野の情報が満載です。

しかも毎日更新です!

 

オーストリアはとても奥が深い国、その首都ウィーンはヨーロッパ文化が凝縮した街ですから、ありとあらゆる分野、様々な顔があります。

 

このコーナーのタイトルは「ウィーンこぼれ話」ですが、ウィーン以外の場所も話題にしています。

画像は写真が撮れる所だけのものを掲載しています。

掲載している画像は全て私がその場所で実際に撮影したものであり、サイト内容と共に無断使用や無断転載は御遠慮下さい。

 

ウィーン(オーストリア)の奥深さをできるだけたくさん御紹介したいのですが、毎日忙しくてあまり深く、詳しく書いている時間が残念ながらありません。

でもあらゆる分野から色々なことを書いています。

特定のものを探される場合はサイト内検索を御利用下さい。

 

間違いがあれば是非御指摘お願い致します。 (^▽^)

 

 

          時間がある時に是非お読み下さい!

 

※このブログトップページに表示されている記事は、最新記事から遡って 合計30です。

 それ以前の記事は、月別、カテゴリー別に整理していますので御利用下さい!

 細かい検索はこのサイト内検索を御利用下さい。




月別

2023年

2023年12月 2023年11月 2023年10月 2023年9月 2023年8月 2023年7月
2023年6月  2023年5月  2023年4月   2023年3月  2023年2月    2023年1月

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2012年
 

カテゴリー別

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村



ウィーン国際空港のザッハートルテは高い

ウィーンで最も有名なケーキと言えばザッハートルテでしょう。

伝統と話題性がありますから、ザッハートルテをお土産に買って行く方は後を絶ちません。

観光中に「ザッハートルテはどこで買えますか?」とか「ザッハートルテはどのくらい日持ちしますか?」などといった質問はよくあります。

"オリジナル"ザッハートルテであればホテルザッハーでしょうが、ホテルザッハーよりもDEMEL(デーメル)の方が老舗で90年も早く営業を始めています。

しかしザッハートルテがウィーンで一番美味しいケーキなのかというとそれは別問題でしょうね。

伝統と美味しさとは必ずしも比例しないようです。

 

さて、そのザッハートルテは「空港でも売ってますか?」という質問もよくありますが、ウィーンの国際空港でもザッハートルテは買うことはできます。

 

続きを読む

午前中のウィーン中心部

ウィーンの中心部にはケルントナー通り、グラーベン、コールマルクトという3つの歩行者天国があります。

ケルントナー通りは国立オペラ座とシュテファン大聖堂を結ぶ通りで、観光客の皆さんにとっては目安になる重要な通りで3つの中では一番長いですね。

Graben (グラーベン)はケルントナー通りとシュテファン大聖堂の間にあるStock im Eisen Platzからコールマルクトまでの約300mで、広場のような上品でウィーンらしい通りです。

ローマ時代ヴィンドボナの頃は堀になっていた所なので、堀=Grabenということです。

コールマルクトは王宮のミヒャエル広場に通じていて、高級店が並ぶまた別の顔を持った通りです。

歩行者天国と言いましたが、実は1日中歩行者天国ではないんですね。

 

 

続きを読む

ウィーンに帰る時の成田空港の様子

昨夜あた雪が降ったようで、朝起きたらほんのり雪が積もっていました。

今日もウィーンは予報では雪のようです。

 

さて、昨年11月に3年4か月ぶりに日本一時帰国しましたが、身内の不幸があったため年末に再度一時帰国しました。

ウィーンに戻って来て50日後にまた日本に行くことになるとは思いもしませんでした。

今回は身内の不幸だったので、大晦日も新年もなく、毎日バタバタしながらお通夜、葬儀の準備からその後のことに追われ、あっという間に日が経っていきました。

ウィーンに帰る時の飛行機はいちおう予約をしておきましたが、いつでも変更可能にしておきました。

ある程度の方向性が見えて1月12日にウィーンに向けて実家を後にしました。

 

続きを読む

久しぶりにMaroniblüte(マローニブリューテ)を食べた

ウィーンは宮廷文化が栄えた街ですから食事はおいしく、日本人の口に合う料理が多くあります。

ハプスブルグ王朝が健在だった頃には王宮にも専用の厨房があり、末端までしっかり組織されていて色々な部門に分かれていました。

ハプスブルグ家ではすでに15世紀から"銀器保管室"があったことが確認されていて、19世紀になると銀器保管室と食卓調度保管室が一緒になり、"王宮銀器・食卓調度保管室"という名前で運営されていて、デザート部門もありましたからウィーンにはおいしいケーキが食べられる店がたくさんあります。

おいしいケーキが食べられる店というとたくさんありますが個人的にはハイナーが好きですが、ウィーンの有名なカフェハウスで食べるケーキはどこもそれなりにおいしいです。

 

さて、先日数年ぶりにこの栗のケーキを食べました。

 

 

続きを読む

クレタ島とサントリーニ島のギリシャ正教会

週末に多く降った雪も止み、だいぶ街中の雪が解けてきました。

しかし曇り空の毎日で青空が見られません。

天気予報を見ても晴れマークが出て来ないですね。

 

さて、年末に急遽日本に一時帰国したため、ライブオンラインツアーの間隔が少し空いてしまいましたが、先週今年初めてのライブオンラインツアーをやりました。

その時のテーマが"ウィーンのギリシャ"で、ギリシャ正教の教会を2つ登場させました。

自分も案内していて、ギリシャの教会が見たくなったので、今日は個人的に大好きなクレタ島とサントリーニ島からギリシャ正教会をいくつか掲載します。

 

続きを読む

ライブオンラインツアーVol.137のお知らせ

1月26日(木)  日本時間20:00   ライブオンラインツアー Vol.137 

 

配信場所: Weihnachtskrippeがまだ見られるかな・・・

  

御参加される場合はZoom(無料で利用できます)を御準備頂き、ウィーンの街を公認ガイドと歩いてみませんかまで御連絡下さい。

こちらから参加IDとパスワードをお知らせ致します。

参加IDは毎回、パスワードは毎週変わります。

続きを読む

昨日雪が降るマルヒフェルト運河を散歩

冬至が過ぎてひと月、日は徐々に長くなっているのですが、ウィーンはこの時期朝7:30頃でもまだ薄暗いんですね。

この現象は毎年のことで、朝が遅くまで暗いのですが、夕方にかけて日が長くなっているんですね。

冬至が過ぎても何かピンと来なくて、毎年同じことを言っています。

ここ数日ウィーンは寒く、一昨日から今日までの予報は雪で外は雪景色です。

昨日の朝、雪が降っている中、ちょっと自然の雪景色が見たかったのでうちがよく行くマルヒフェルト運河に散歩に出かけました。

 

続きを読む

ミノリーテン教会のWeihnachtskrippe(2023年)

ここ何年も暖冬なので、数十年前のように日中マイナスになる日が少なくなっています。

それに慣れてしまったせいか、ここ数日のウィーンは朝こそマイナスですが、日中は2℃前後でもかなり寒く感じます。

今日、朝7:00の気温はマイナス0.2℃、夜中に降った雪が積もっているウィーンです。

 

さて、1月6日は"Heilige Drei Könige"で、ベツレヘムからの星に導かれて3人の学者がイエスを拝みにやって来るという有名な話からの祝日でした。

この日まではクリスマスの習慣があり、たいていの家庭ではクリスマスツリーがそれまでは飾られています。

このシーンを表したジオラマが"Weihnachtskrippe"(ヴァイナハツクリッペ)・・・降誕場面で、アドヴェント時期から教会やクリスマス市、家庭などに多く見られ、クリスマスツリーと一緒に飾ります。

ウィーンの旧市街一角にあるミノリーテン教会のWeihnachtskrippeはよく知られていて、毎年必ず飾られます。

私のこのサイトでも毎年ここのWeihnachtskrippeを紹介するのが伝統となっていますが、今年はその時期日本に一時帰国していたので、1月6日に間に合いませんでした。

しかしまだ展示されているので今日は少し遅くなりましたが、今年のを御覧下さい。

 

続きを読む

物思いに耽りながら実家から成田空港に向かう

昨年11月に3年4か月ぶりに日本一時帰国しましたが、身内の不幸があったため年末に再度一時帰国しました。

ウィーンに戻って来て50日後にまた日本に行くことになるとは思いもしませんでした。

年越しも年明けも実家で過ごしたので、自分にとっては数えてみたら26年ぶりに日本で大晦日と新年を迎えました。

考えるとそんなに時が経っていたんですね。

今回は身内の不幸だったので、大晦日も新年もなく、毎日バタバタしながらお通夜、葬儀の準備からその後のことに追われ、あっという間に日が経っていきました。

それでも今回は家族の絆を改めて強く感じることができましたね。

今後のある程度の方向性が見えてきて、ウィーンに戻る時は様々な思いや思い出が込み上げてきて、非常につらいウィーンへの帰途となりました。

 

続きを読む

シェーンブルン宮殿内部はオーストリア国家公認ガイドのみ案内できます

ウィーンの観光ではシェーンブルン宮殿は外せませんね。

ウィーンに何回も来られている方は別として、ウィーンに来られてシェーンブルン宮殿を見学しないということはあまりないと思います。

シェーンブルン宮殿はひとつの観光スポットとしてはオーストリアで最も多くの人が訪れる所で、ヨーロッパで重要なバロック建築であると同時に、世界遺産にも登録されています。

 

続きを読む

スイス航空LX160便 チューリッヒ~成田の機内食

昨年11月に3年4か月ぶりに日本一時帰国しました。

その時は11月から直行便が運休に入ったので、値段、時間などの組み合わせを色々考慮し、結果的に行きはフランクフルト経由の羽田、帰りは成田空港からチューリッヒ経由のウィーンに決めました。

その後年末に身内の不幸があったため、急遽再度の一時帰国をしました。

その時はスイス航空を利用し、9:35ウィーン~13:00チューリッヒ~10:05成田で、先日ここにその飛行ルートを掲載しました。

スイス航空LX160便の機材はボーイング777-300ER、エコノミーは3x4x3、チューリッヒのトランジットは2時間なのでちょうどいい時間です。

 

今日は前回も好評頂いたその時の機内食を紹介します。

 

続きを読む

クリスマスツリーを片付けました

カレンダーでクリスマスが終わっても、年が明けた1月6日まではクリスマスツリーを飾っておく習慣があります。

そうです、クリスマスツリーも一緒に年を越すわけですね。

私に関して年末に身内の不幸で急遽日本に一時帰国したため、日本で26年ぶりに年越しと新年を迎えました。

ウィーンに帰ってきたのは数日前なので、今回のクリスマスは自宅でクリスマスツリーと過ごすのが非常に短く感じました。

クリスマスツリーのもみの木はこちらでは"Christbaum" (クリストバウム)と呼ばれていて、本物のもみの木にちゃんと装飾をして飾る習慣があります。

そもそも、"本物のもみの木"という表現がこちらの人からすると滑稽ではないかと思います。

おもちゃのツリーを飾る習慣ではないからです。

いつまでもクリスマスツリーを飾っているわけにはいかないので、昨日クリスマスツリー🎄を片付けました。

 

続きを読む

ライブオンラインツアーを再開します Vol.136

1月19日(木)  日本時間20:00   ライブオンラインツアー Vol.136 

 

配信場所: ウィーンのギリシャ マニアック度 7

  

御参加される場合はZoom(無料で利用できます)を御準備頂き、ウィーンの街を公認ガイドと歩いてみませんかまで御連絡下さい。

こちらから参加IDとパスワードをお知らせ致します。

参加IDは毎回、パスワードは毎週変わります。

続きを読む

ウィーンフィル ニューイヤーコンサート(2023年)覚え書き

今日は年明け恒例のウィーンフィル ニューイヤーコンサートの覚え書きです。

ニューイヤーコンサートが始まるのはウィーン時間の午前中11:15、日本だと19:15ですね。

私は身内の不幸があり、今年は26年ぶりで日本で年越しを迎え、正月どころではなかったのでウィーンに帰って来てから録画しておいたニューイヤーコンサートを観ました。

いつもならライブで観ていたので、何か変な感じでしたね。

 

個人的にニューイヤーコンサートは過去LIVEで見たこともありますが、御存知の通りチケットの値段だって普通のコンサートよりも正規価格でも遥かに高いですし、入手困難ですからね・・・。

でも毎年11月ぐらいから地元の色々なチケット取り扱い業者から「うちはニューイヤーのチケットが数枚あるから行きたい人がいれば売れますので連絡下さい」というような電話やメッセージが私の所に届きます。

でもその時の提示価格は正規価格よりも倍ぐらいの高さになっています。

そのような業者ルートから数枚であれば比較的簡単にチケットは入手できますので行く気になればほぼ確実に行けますが、価値観の問題ですからね~。

2.000ユーロ以上を一枚のチケットに払うか・・・ということですね。

 

さて、テレビで見るニューイヤーコンサートは楽しいです。

途中に色々な演出があり、会場では見ることができない映像が見られますからね。

続きを読む

スイス LX160 チューリッヒ~東京(成田)の飛行ルート

昨年11月初めに3年4ヶ月ぶりで日本へ一時帰国し、その時のことを覚え書きとして数回掲載しましたが、思いの外好評を頂きましたので今回もちょっとまとめてみようと思います。

 

今回は身内の不幸があったため、昨年12月30日に急遽一時帰国しました。

日本で年越しを迎えたのは26年ぶりです。

今回はウィーンからオーストリア航空でチューリッヒに向かい、そこからスイス航空で東京(成田)まで行きました。

便名はLX160、13:00チューリッヒ発、翌日10:05東京(成田)着、機材はボーイング777-300ERです。

今日は機内で見られる飛行ルートを掲載します。

 

 

続きを読む

オーストリア航空でウィーンからチューリッヒへ

身内に不幸があったため、昨年末に急遽日本に帰りました。

日本で年を越すのは26年ぶりでした。

今回おめでたさは全くありませんでしたが、改めて家族の絆や精神面、神道を通しての日本の習慣や歴史など人生の勉強をした非常に中身の濃い一時帰国となりました。

昨年11月に3年4ヶ月ぶりで日本に一時帰国したのですが、すぐにまた年内に日本に行くことになるとは思いもしませんでした。

今回はいつものようにオーストリア航空でチケットを購入しましたが、STAR ALLIANCEの関係でスイス(LX)でチューリッヒ~成田の往復で、帰りのウィーン便をオープンにしていました。

 

続きを読む

ウィーンに戻ります

今日はこの場を借りて簡単にご挨拶させて頂きます。

身内に不幸があり、年末に急遽日本に一時帰国しました。

無事にお通夜と葬儀も終わりました。

この歳にして初めて身内の葬儀を経験し、今回の日本滞在は深い悲しみを通して、改めて家族の絆や精神面、神道を通しての日本の習慣や歴史など人生の勉強をして人間として一回り大きくなった気がします。

気持ちを察して頂いた友達、またお客様やこのコーナーを訪れて頂いているお客様からも励ましやお悔やみのメールを頂き、本当にありがとうございました。

今日成田からウィーンに戻ります。

ライブオンラインツアーも再開したいと思います。

皆さま引き続きよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

続きを読む

雪景色のシェーンブルン宮殿 グロリエッテ

無事にお通夜と葬儀も終わりました。

この歳にして初めて身内の葬儀を経験し、今回の日本滞在は深い悲しみを通して、改めて家族の絆や精神面、神道を通しての日本の習慣や歴史など人生の勉強をして人間として一回り大きくなった気がします。

今日も実家の八王子は青空が広がっています。

私が来た年末から毎日冬の青空です。

 

さて先日久しぶりにシェーンブルン宮殿の雪景色を掲載しましたが、今日はちょっと上に行ってみましょう。

 

 

続きを読む

美術史博物館のカフェレストラン

ウィーンはクリスマス休暇が終わって昨日から学校も始まりました。

それに合わせて仕事を始める人も多いでしょう。

Heilige Drei Könige (ハイリゲ・ドライ・ケーニゲ)が過ぎるとクリスマスツリーを捨てる人が多いと思います。

自分は身内に不幸があったため年末から日本の実家にいるので、ウィーンの今の雰囲気は経験からの想像しか出来ないのですが・・・。

日本食が好きなだけ食べられる環境で、そろそろウィーンのメランジェが恋しくなってきましたね。

今日は大好きな美術史博物館の雰囲気が見たくなったのでそれを少し取り上げます。

 

続きを読む

数字で見るウィーン市あれこれ 最新版

今日は成人の日ですね。

自分がはるか昔に成人式に行ったことを思い出します。

私がウィーンに住み始めて日本で成人の日を迎えるのは初めてです。

ウィーンはクリスマス休みも終わり、今日から学校が始まります。

 

ウィーンの街は今でもかつての帝国の都であった面影を残し、荘厳な建造物が建ち並ぶ、緑豊かな洗練された美しい街です

それもハプスブルグ家というヨーロッパで一番長く続いた王朝の居城がこの街にあり、そしてそのハプスブルグ家の下にかなりにわたって神聖ローマ帝国の皇帝やローマ王の称号が置かれていたことで、様々な人たちがこの帝国の都に集まって来ました。

そこでウィーンはヨーロッパ文化が凝縮したとても奥深い街となったわけです。

ウィーンは様々な角度から楽しめる街です。

 

今日は数字で見るウィーン市あれこれの最新データを更新をかねてお届けします。

 

 

続きを読む

年末のウィーン国際空港の様子

私事ですが身内に不幸があったため、年末に急遽一時帰国しています。

何度も書いてますが日本は本当に寒いです。

ウィーンも昨日までは日中10℃を超える陽気のようでしたが、日曜日からは寒くなるようですね。

 

今日は私が日本に帰った年末のウィーン国際空港の様子です。

 

続きを読む

雪景色のシェーンブルン宮殿

こちらの冬はもうそんなに寒くなりません。

数十年前などはマイナス20℃とかになりましたが、地球温暖化の影響で日中の気温もマイナスになることが少なくなりました。

「暖冬」と言われても毎年冬がそこそこ暖かいこともあり、もうその暖かいのが通常の冬になってしまったような気がします。

私は現在身内の不幸があったため東京の実家に来ていますが、私がいる八王子は寒いです。

でも毎日晴天で冬の青空が見られます。

ここでも自分の強烈な晴れ男を実感します(笑)

ウィーンの方が暖かいですね。

ウィーンの先月のクリスマスは暖かくて24日は15℃ぐらいになりました。

それまでは朝はマイナス、日中の気温も0~3℃ぐらいという寒い日が続いていましたが、その寒い時に雪が降り、久しぶりにシェーンブルン宮殿の雪景色を見ました。

 

 

 

続きを読む

Heilige Drei Könige (聖三王)の祝日(2023年)

今日1月6日は"Heilige Drei Könige" (ハイリゲ・ドライ・ケーニゲ)というキリスト教の祭日です。

日本では"祭日"という表現はもう存在せず、現在では全て"祝日"と表現しますが、聖三王のこの日はキリスト教の宗教儀礼上の休日なので祭日と呼んでもでもいいのかなと思います。

heilig・・・聖なる、drei・・・3、Könige・・・王様達という日本語訳ですから"聖三王"となりますが、よく習慣的に東方三博士、東方三賢者とも言われています。

 

イエス・キリストが誕生したのでイエス・キリストを拝むために東から星に導かれて三学者(三賢者、三博士)がベツレヘムにやって来る・・・というよく知られた話です。

そのためクリスマス習慣はこの日までは続くわけで、クリスマスツリーイルミネーションなどもカレンダーでのクリスマスが終わっても、年を越して今日までは飾っておく習慣になっています。

 

続きを読む

ウィーン 街中のクリスマスイルミネーション 5(2022年)

日本は寒いですが、青空が広がる日が続いています。

ウィーンの方が暖かいですね。

私がいる実家の八王子は寒いです。

この時期に日本にいるのは20数年ぶりです。

 

今日はクリスマスイルミネーションの最後です。

さて、ウィーン街中のクリスマスイルミネーションウィーン街中のクリスマスイルミネーション2ウィーン街中のクリスマスイルミネーション3ウィーン街中のクリスマスイルミネーション4も御覧下さい。

 

続きを読む

ウィーン 街中のクリスマスイルミネーション 4(2022年)

日本はお正月三が日が終わって今日から仕事を始める人が多いでしょうか。

私事ですが身内の不幸があり、年末より日本に一時帰国しています。

私は実家が東京の八王子なのですが、とにかく寒いです・・・何と今日はマイナスです!

しかしさすがに私は晴れ男で毎日青空が広がっています(笑)

ウィーンは日中10℃以上もあり、ずっと暖かいですね。

 

さて、ウィーン街中のクリスマスイルミネーションウィーン街中のクリスマスイルミネーション2を、ウィーン街中のクリスマスイルミネーション3を掲載しましたが、今日はその4です。

 

続きを読む

ウィーン 街中のクリスマスイルミネーション 3(2022年)

日本はお正月、そして三が日がありますが、こちらはお正月という感覚はありません。

クリスマスが一番重要な習慣であり、1月1日は休日ではありますがあくまで年初めのけじめという感じです。

年間を通して生活の中で一番重要な習慣はクリスマスです。

そのため今日1月2日から社会が普通に動きますが、学校はクリスマス休みなので、それに合わせて1月6日から仕事をする人も多いと思いますが、今年の6日は金曜日なので、実際は9日の月曜日から仕事を始める人が多いでしょう。

さて、先日はウィーン街中のクリスマスイルミネーションウィーン街中のクリスマスイルミネーション2を掲載しご好評を頂きましたが、今日はその3です。

 

続きを読む

新年に豚やてんとう虫を贈る習慣(2023年)

昨日の元旦は1年の最初の日ということで休みではありますが、こちらでは何か重要な意味を持っているわけではありません。

 

年間を通して生活の中で一番重要な習慣はクリスマスです。

そのため今日1月2日から社会が普通に動きます。

とは言っても学校はクリスマス休みなので、それに合わせて1月6日から仕事をする人も多いと思いますが、今年の6日は金曜日なので、実際は9日の月曜日から仕事を始める人が多いでしょう。

 

カレンダーでのクリスマスが終わるとウィーンの街中には待ってましたと言わんばかりに小さな屋台が登場します。

そこではクリスマス市の屋台で見られるような物が売っているわけではありません。

見ると様々なスタイルの豚やてんとう虫などの置物が売られていることがわかります。

 

続きを読む

新年明けましておめでとうございます(2023年)

いつもこのブログコーナーを訪れて頂いている皆様、このホームページから実際に観光を申し込まれてウィーンに来られて私と一緒にウィーンの街を歩いたお客様、新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましても2023年が健やかでよい年となりますよう心からお祈り申し上げます。

今年も"ウィーンの街を公認ガイドと歩いてみませんか?"をよろしくお願い申し上げます。

続きを読む

大晦日と"Bleigießen" (ブライギーセン)2022年

今日が大晦日です。

一昨年は12月26日から再ロックダウンに入ったため、かなり静かな大晦日で、昨年はロックダウンこそあったもののクリスマス市も部分的にオープンし、クリスマス後も街中にはプンシュスタンドなども出され、かなり賑やかな年末の空気でした。

今年はコロナ規制がないクリスマスを迎え、そしてクリスマスも終わり今年も今日が最後です。

毎年恒例のSilvesterpfad(カウントダウンのスポットがいくつも設けられる)は今年は数は少ないものの設置されています。

大晦日が近づくにつれて爆竹の音や花火の音が聞かれ、年が暮れていく時の流れを感じることができます。

この花火もしかし年々減ってきている傾向にありますね。

 

クリスマスの習慣は1月6日までは残しますからクリスマスツリー🎄だって飾られていて、街中のイルミネーションだってそのままです。

一般的にクリスマスから年末、年始を挟んで1月6日まで休暇を取る人が多いですが、2023年は1月6日が金曜日の週末なので、実際は9日から学校も始まります。

クリスマス休暇ですね。

 

さて、今年最後のこのコーナーではこのサイトの伝統として大晦日によくこちらで行われる習慣を御紹介しましょう。

 

続きを読む

クリスマスの虹

クリスマスはどのように過ごされましたか?

私は家族と15:30頃からクリスマスツリー🎄を飾り、その後夕食はお寿司を食べました。

これはうちの伝統なんですね。

こちらはクリスマスには魚を食べる習慣がありますので、お寿司でもいいですよね。

その後プレゼント交換でした。

12月24日の午後からは街が静かになりますね。

人がいなくなり、交通量も少なくなります。

皆さんが家族とそれぞれクリスマスを過ごします。

実はもう少し早い時間にクリスマスツリーを飾る予定だったのですが、天気が良くて暖かかったこともあり、散歩をしようということになりました。

そうなんです・・・毎年クリスマスはなぜか暖かくなるんですね。

散歩をしていて何気なく空を見上げると虹がかかっていました。

 

 

続きを読む

 

 

ページのトップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム   ガイド料金と業務内容について     オーストリア国家公認ガイド

 


オーストリアの概要     ウィーンお勧め観光コース

 

 

ウィーン観光で役立ちそうな情報           ウィーンの公共交通機関   

 

 

ウィーンの博物館とオープン時間     お問い合わせ     掲示板

 

 

ウィーンこぼれ話(ブログ)       利用規約      リンク集