ライブオンラインツアーVol.20より  楽友協会ホールの歴史的背景

sudeni「疑惑はうそだ」としたうえで、新型コロナウイルスの感染拡大が終わっていない状況で、「混乱を招くのは無責任。自分よりも国の方が大切だ」
「疑惑はうそだ」としたうえで、新型コロナウイルスの感染拡大が終わっていない状況で、「混乱を招くのは無責任。自分よりも国の方が大切だ

去年3月から始めたウィーンからのライブオンラインツアーもお陰様で軌道にのり、すでに70回を超えました。

毎回決まった方が参加して頂けるようになり、週1~2回のペースを基本に私も楽しみながら色々な場所を御案内しています。

どこを御案内しようかとか全くプランはなく、その時に思いついた感じで、あ、あそこにしよう、こんな感じでやってみようかなど、ぶっつけ本番的なスタイルでやってます。

一般的な観光スポットはもちろんですが、こんな場所は普通のガイドブックには出てない、しかし地元では生活に密着しているような場所などもお見せできます。

 

今日は以前お届けしたライブツアーVol.20(2021年6月4日)から少し掲載します。

 

 

<注釈>

映像では"Tuchlauben12番地はグラーベンのほぼ終わりの所になる"と言ってますが、グラーベンの終わりからTuchlaubenに入って行けますよという案内をしたつもりでした(笑)

Tuchlauben12番地がグラーベンの終わりに位置しているわけではありません。

 

もうひとつ、Joseph Sonnenfelsと言ってますが、Joseph Sonnleithnerの間違いです。

なんせ1人で映像を気にしながら案内してますから、話の繋がりが飛んでしまうことがあるんですよね~。

 


 

ライブツアーをそのままZoomでリアルタイム録画しているので、その時の電波状況によって画質のクオリティーが下がって録画されていると思います。

実際こちらからお届けするライブ映像はこの録画よりももう少し質がいいです。

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村