ウィーン歩行者天国のイルミネーション 2 (2019年)

こちらは1月6日のHeilige Drei Könige(聖三王)の休日までクリスマスの習慣があります。

イエス・キリストが誕生したのでイエス・キリストを拝むために東から星に導かれて三学者(三賢者、三博士)がベツレヘムにやって来る・・・というよく知られた話です。

そのためクリスマス習慣はこの日までは続くわけで、クリスマスツリーやイルミネーションなどもカレンダーでのクリスマスが終わっても、年を越して飾っておく習慣になっています。

 

先日はウィーンの歩行者天国のイルミネーションを話題にしましたが、好評を頂いたのでまた別の場所のイルミネーションをお届けします。

 

こちらはバロック様式の建物が並ぶ美しい通りのAnnagasseです。

ここには素敵な天井フレスコ画が見られるアンナ教会があります。

ここのイルミネーションは楽譜になっていて、それがいくつも灯されているのが見えます。

五線紙の上にあるト音記号や音符がおもしろいですね。

この奥にはHaus der Musik(音楽の家)という有名な博物館やこの界隈にはウィーン市立音楽大学やウィーン国立音大などもあるのでその環境に相応しいイルミネーションと言えますね。

"音楽の都" ウィーンらしいです。

 

 

こちらは歩行者天国のイルミネーションとは違いますが、非常に目立ったのでここに取り上げました。

ウィーンに詳しい形方であればここがどこだかすぐお分かりになるでしょう。

こちらは国立オペラ座の真横にある有名なカフェGerstner(ゲルストナー)です。

2017年の3月まではKärntnerstraße のシュテファン大聖堂に近い所にGerstnerがありましたが、現在のこの場所に引っ越して、新しいカラーである薄緑を強調して営業しています。

ちなみにかつてのGerstnerにはSULKA(スルカ)が入っています。

建物の4階まで届くようなクリスマスツリーです。

このクリスマスツリーをよく見れば地面の水準からすでに演出されています。

毎日ここを通りましたが、多くの人が立ち止まって写真を撮っていました。

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村