新しくなったRotemturmstraße

こちらは休暇シーズン=工事シーズンで、地元の人が少なる時期に、つまり交通量が少なくなる時期に工事が頻繁に行われます。

9月から新年度が始まりますので、年度末でもあるわけです。

さて、その長く工事現場だったひとつのRotenturmstraßeが新しくなりました。

 

RotenturmstraßeはSchwedenplatz~Stephansplatzを結ぶ旧市街の地元で人気あるショッピング通りで今年6月3日から大きな工事現場となっていましたが予定通りに終わり、昨日よりまた地元の人によって使われています。

 

 

上の写真は昨日13:30頃のRotenturmstraßeです。

あの工事現場が嘘のように綺麗に、そしてエレガントになりました。

この通りは1日6万人が行き来し、さらに車、自転車なども利用し、尚且つ多くの店、カフェやレストランなどが並んでますので、全ての人に快適に利用してもらうためのリニューアルということになっています。

歩行者ゾーンに出されるカフェなどのテラスsのスペースが70cm広げられ、同時に歩行者があるけるスペースが少なくとも4mは確保されています。

つまり車道が以前よりも狭くなったということですね。

実際この通りは時速20kmと制限されています。

 

暑くなることも考えて、この通りには2つの噴水も新しく作られました。

右はその噴水の1つです。

 

このRotenturmstraßeは・・・

6.170m²の地面に敷かれた花崗岩

950mの視覚障害者誘導用ブロック

31のベンチ

16本のエンジュ(Japanischer Schnurbaum)

2つの噴水

2つの水飲み場

52の自転車駐輪バー

2つのバス停留所

案内板

 

というデータです。

街の景観としてこの部分は明るくなり、開放的になった感じがします。

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村