Nexinger Muschelberg(Nexingにある貝の山)

オーストリアはヨーロッパアルプスが大きく横たわっているという地形の特徴があり、その中を多くの川が流れ、その多くがヨーロッパで2番目に長い、オーストリアを西から東に流れるドナウ河がに注がれています。

オーストリアの国歌が"Land der Berge, Land am Strome" ・・・山岳の国、大河の国という名前であることは御存知でしたか?

かつての帝国時代にはアドリア海のヴェネツィアやクロアチアはオーストリアに属していたので、オーストリアには海軍が存在していましたが、現在では海はありませんので、海軍もありません。

氷河から形成された美しい湖はたくさんありますので、水は豊富です。

その氷河から形成された美しい湖水地帯であるザルツカンマーグートは私も大好きです。

そこには世界遺産のひとつであるハルシュタットがあり、現在でも世界最古の岩塩抗が機能していて、塩の採掘が行われています。

アルプスの中に塩の塊があるのは、ここが3億年前には海の中であったからです。

アルプス山脈が現在の姿に形成される前の話です。

オーストリアには、それを教えてくれるところがたくさんあります。

今日のテーマにする場所もそのひとつです。

 

ウィーンの中心部から北へ車で60km程走った所にNexingという人口45人の小さな街があります。

ここに"Nexinger Muschelberg"という歴史的、地質学的に有名なものがあります。

Muschelbergですから"貝の山"というような日本語になりますが、名前の通り、無数の貝殻からなる地層で形成された大きな岩などがたくさん見られます。

右の写真はここの

入口で、土、日、祝日の9:00~18:00であれば誰でも中を散策することができます。

Muschelbergという名前ですが、そんなに高い山ではありません。

 


 

古代遺跡のように自然から形成された岩がたくさんあり、これら全てに無数の貝殻を見ることができます。

左上の写真は入口から少し入った所で、人1人がやっと通れるぐらいの狭い通路を人工的に作ったのでしょう。

両側に絶壁のように貝殻が無数に入った岩を見ることができます。

右上の写真は人工的に作られた煉瓦の橋があり、この上を通って1周できるようになっています。

 


 

上の写真に見られるように、貝殻が無数に入った石灰岩が至る所に見られます。

固いもので削れば、貝殻が取れます。

これは12.500.000~13.500.000年前のものと推定されています。

もちろんアルプスが現在の地形になってからですが、形成はもっと前からでしょう。

何十億もの数え切れない貝が、岩と一緒になっています。

石灰岩ですが、貝殻も石灰原料ですね。

 


 

この一角には左上のの写真に見られる巨大な貝殻の石が置かれています。

19世紀の時には、家の壁や地下に利用するための石灰岩が焼かれ、また貝殻だけを別にして鶏のエサにもしたそうです。

 

ここには右上の写真に見られる、このNexingのシンボル的な存在であるSchloss Nexing (Nexing城)があります。

 

このMuschelbergはとても面白いです。

すぐそばにはOase am Teichがあります。

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村