オーストリアの所得税の税率

オーストリアは小国でもありながらかなりの経済大国です。

一見、観光立国的なイメージがあると思いますが、実は色々な産業があります。

物価もヨーロッパでは高い方で、税金の天引き率はヨーロッパでは6番目、食料品はデンマークの次の2番目人件費はベルギーの次に高いという国の統計があります。

高い税金の他に社会保険もありますね。

また、私のように事業主ですとUmsatzsteuer (いわゆる売上税)も取られます。

ちなみにオーストリアの事業主は売上税番号(ATUナンバー)を必ず所有しています。

その業務に伴ったATUナンバーを所持していなければお金を頂く場合は違法となります。

 

事業主だとUmsatzsteuer(売上税)とEinkommensteuer(所得税)の2つが課せられています。

Umsatzsteuerは20%と決められています。

例えば私に半日観光を申し込まれた場合は料金には20%の売り上げ税が含まれています。

それに対して、Einkommensteuerは売り上げに対して、経費を引いて実際の収入がどのくらいか(どのくらいプラスになったか)によって課せられます。

 

そのEinkommensteuerの税率を見てみましょう。

 

右の表は売上全体から全ての経費を引いて実際にプラスとして残った収入(こちらではGewinnと言います)に対して、どのくらいの所得税率が定められているかを示しています。

オーストリアでは年間Gewinnが11.000ユーロ以下であれば所得税はかかりません。

 

これは正規にこちらで労働している人の場合で、観光業界の場合、ガイドライセンスもなく、労働許可もなくて日本からのお客様をアテンドしてお金を頂く場合は、例え数ユーロしか頂かなくても100%違法となります。

 

所得 割合
11.000ユーロまで 0%
11.000~18.000ユーロまで 25%

18.000~31.000ユーロまで

35%
31.000~60.000ユーロまで 42%
60.000~90.000ユーロまで 48%
90.000~1.000.000ユーロまで 50%
1.000.000ユーロ以上 55%

この数字のボーダーライン付近の稼ぎがある人は、どのくらいのGewinnになるかある程度計算して仕事をしている人がたくさんいます。

例えばGewinnが18.000ユーロであれば25%の所得税ですから4.500ユーロの納税ですね。

しかし、18.100ユーロのGewinnとなると次のランクである35%となるので6.335ユーロに跳ね上がるわけです。100ユーロ多く稼いだだけで、税金が1.835ユーロも増えるわけです。

これなら計算して仕事をした方が得ということになり、実際にそのように仕事をしている同僚も多くいます。

 

ちなみにオーストリアでは年間12.000ユーロ以上の給料をどこかの会社で貰っている人で、自営などで別からの収入が730ユーロ以上ある人はSteuererklärung(いわゆる確定申告)をする義務があります。

私もオーストリア国家公認ガイドとしての個人事業主ですから、毎年Seteuererklärungをオーストリア税務署に出しています。

 

税金はなるべく払いたくないのが本音ですから、ボーダーラインには注意をしたいですね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村