クリスマス・イヴはこのように過ごす(2016年)

昨日12月24日はクリスマス・イヴで、年間を通して一番大事な行事でしょうか。宗教的には復活祭が一番重要ですが、生活の中ではクリスマスです。今年はシュテファン大聖堂のクリスマス市市庁舎のクリスマス市が11月11日と去年よりも2日早く始まり、長いアドヴェントでしたが、振り返るとあっという間に過ぎてしまいました。毎日仕事をしていると時の経つのが早いです。今年も日本からの多くのお客様にこちらのクリスマスの様々な習慣を御案内しました。こちらがクリスマスの雰囲気で盛り上がるのは12月23日までです。24日からは今までのクリスマスの雰囲気がまるでうそのように街が静かになります。24日は午前中だけ仕事をする人もいたり、商店街なども14:00ぐらいまで営業していることもありますが、多くの人は24日の午前中にクリスマスツリーを部屋に飾り、装飾をし、夕方から夜にかけてのクリスマスを祝う準備をします。多くのレストランもクローズとなります。

こちらは家族とクリスマスを過ごす・・・というのが一般的です。

ただ今年は市庁舎のクリスマス市は26日まで、シェーンブルン宮殿も例年通り26日までとなっています。

でもこれはこの時期観光でウィーンに来られた方のためのサービス的なイメージです。

 

昨日の午後14:00頃のウィーンの街中はそれでもかなり混んでいましたが、いつもとは違い観光客が多く目立ちました。街中の店はほとんどクローズしていましたので、シュテファン大聖堂のクリスマス市などは逆に混雑していました。

うちは毎年24日の昼過ぎぐらいからクリスマスツリーを飾りますが、今年はちょっとしたハプニングがあったために夕方18:00過ぎから飾り始めました。こんなに遅くにクリスマスツリーを飾ったのは今年初めてです。

 

12月24日のクリスマス・イヴはこちらでは一般的にどのように祝われるのでしょう?

 

 

12月24日は地元ではたいてい家族と共に過ごすクリスマスで、遠くに住んでいる人もこの時期には帰ってきて、家族皆でクリスマスを過ごします。

 

皆さんが家庭でいわゆるクリスマスパーティーを行いますが、実際には"クリスマスパーティー"などという名称はほとんど聞かれません。アドヴェント最中に会社などで開かれる時はクリスマスパーティーという人もいますが、クリスマス・イヴの時にはこの表現は普通は使われません。

家族皆が集まり会話をしながら、プンシュを飲み、夕食をし、そしてプレゼント交換を楽しむわけです。

家族がそれぞれ持ち寄ったプレゼントは、クリスマスツリーの下に置くという習慣になっています。

 

そのためツリーの下にはたくさんのプレゼントが、Christkindによってもたらされたというわけです。

そうです・・・こちらではサンタクロースなんか登場しません。"Christkind"がやって来ます。

小さい子供がいる家庭ではChristkindが実際にプレゼントを持って来るということを信じさせて、夢を持たせて演出します。子供達は時が来るのをそわそわして待つわけです。早くプレゼントをもらいたいですからね。

 

夕食は何を食べるかというと・・・

魚を食べる習慣が現在でも多く見られます。その中でも鯉なども多く食べられ、また鱒やカマスなどを食べる人も多いでしょうか。フライで食べる人もいれば、ソテーにして食べる人もいると思います。

これは「魚」がキリストのシンボルとして古来から使われてきた・・・ということも理由のひとつです。

 

ちなみにチキンを食べることは外から住み着いた人は別として地元人であればまずないでしょう。

当時アメリカに移民したオランダ人達は、慣れない土地で、今までのように家畜を飼うことは最初は難しかったようです。そこでチキンを食べることから、始まったとされています。

 

夕食が終わると、いよいよBescherung(ベシェールング)といわれるプレゼント交換です。

 

この時に歌われるものが、昨日紹介した「きよしこの夜」です。

この曲は地元の人にとっては、特別な曲であり、一般的なクリスマスソングとしては区別されていて、クリスマス時期にひっきりなし聞かれるわけではありません。

この曲はこのプレゼント交換の前だけにこの歌を歌う地元の人が多いと思います。

できればギターの伴奏で歌うべきとされています。

それはオリジナルがギターの伴奏で演奏されたからですね。

この曲が歌われる時はかなり敬虔な雰囲気になりますね。実際には冗談を言い合うような雰囲気ではなく、かなりセレモニー的な空気になります。

 

歌い終わって、皆さんと「Frohe Weihnachten!」(フローエ・ヴァイナハテン・・・クリスマスおめでとう)と言いながら、共に抱き合います。

その後、お互いにプレゼントをその場で開いて皆さんで楽しむわけです。

 

その後は年間と通してこの時だけは夜の教会のミサに行く人も多いと思います。

これは日本で言う初詣のような感覚に近いですね。

今日の12月25日、明日の26日はお休みです。

 

私は今まで多くのオーストリアの家庭のクリスマス・イヴを経験しました。それぞれの家庭の習慣によりますが、多くはこのような流れでクリスマス・イヴが過ぎていきます。
うちも家族と毎年このようにクリスマス・イヴを過ごしています。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村