ウィーンカード

最近個人のお客様からのウィーンカードについての御質問が多くなりました。

ウィーンカードはウィーンの様々な博物館の割引を始め、ウィーン空港のレッドラウンジ、

JET,AIR,SKYラウンジ、CATや空港バス、街中の専用駐車場、国民歌劇場(Volksoper),

Konzerthaus,カフェハウス、多くのお店でのショッピング割引など特典がいっぱいです。

 

このウィーンカードについてちょっと誤解されている部分もあるので、今日はその辺も含めて詳しくお知らせします。

 

 

ウィーンカードは72時間用と48時間用の2種類があり、ウィーンの多くのホテル、街中の観光案内所、駅の観光案内所、空港の案内所、ウィーン市交通局の窓口またはオンラインで購入することができます。

それぞれの値段は

               ウィーンカード48時間 18.90ユーロ

               ウィーンカード72時間 21.90ユーロ 

                              (2016年2月現在)   となっています。

 

上の写真は72時間用で、ウィーンカードの表側です。

ここには使う方の名前、使用開始の日付を記入します。

名前の欄の下には左から○日、○月、西暦を記入します。

カードの下には"その後続く3日間"と書かれていますね・・・ということは今日の朝から使用すれば今日を含めてば実際には4日間使えることになります。

 

 

 

こちらはウィーンカードの裏側です。

ウィーンの公共交通機関の72時間券となっています。

こちらを使用する時には必ず打刻をします。

カードの右側にオレンジ色で矢印になっている部分がありますね。

ここに打刻します。

打刻をした時から72時間使えます。

 


 

ここで大事なことは、ウィーンカードは1枚のカードですが、表と裏は別々のカードだということです。

2つの異なった特典があるわけです。

例えば、最初の4日間を全て徒歩で観光して表の特典を利用、その後裏側を打刻して72時間公共交通機関を乗り放題ということができます。(最もこの使用方法は意味があるかどうかわかりませんが・・・)

 

さて、ウィーンカードが本当に得なのかどうかというと、これは使用する人が多くの博物館に行くかどうか、もしくは該当する店などを利用するかどうかでしょう。

ウィーン市の72時間券が16.50ユーロですから、ウィーンカード72時間は5.40ユーロ高いわけです。

ウィーンの街をゆっくり歩いて楽しもうという人は、ウィーンカードは逆に割高になる可能性もあります。

 

ウィーンカードの割引率は1ユーロから2ユーロぐらい、10%~20%ぐらいです。

例えば美術史博物館は1ユーロ、プルンクザールも1ユーロの割引しかありません。

 

ウィーンカード1枚につき14歳までのお子様1人(身分証明が必要)の公共交通機関が無料になります。

ウィーンカードのオフィシャルサイトの日本語に15歳までと書いてありますが、

それは間違いです。

 

 

その辺を踏まえてウィーンカードを使用して下さい。

以下からウィーンカードの小冊子をダウンロードできますので、どのような特典があるかもっと詳しく知りたい方はご覧下さい。

 

 

 

ダウンロード
ウィーンカード小冊子
Wien-Karte.pdf
PDFファイル 5.5 MB

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村