MQのクリスマス市(2015年)

あと数日でクリスマスがやって来ます。

ウィーンの街中はクリスマスの雰囲気がフィナーレに近づいて来ました。

今年もたくさんのお客様にクリスマス市を御案内しましたし、個人的にもよく行きました。

あと2つだけクリスマス市を紹介しますが、今日はMQのクリスマス市です。

 

美術史博物館自然史博物館の間にはマリア・テレジアの像があるマリア・テレジア広場があり、そのマリア・テレジア像の反対側の通りには、横長の建物があります。

 

これがMQで正確にはMuseumsQuartier という博物館地区があります。

これは1725年馬小屋として建てられたバロック建築です。

 

1922年からは見本市会場として使われ、2001年にこの建物を残し、その中庭空間を大きく改築し、博物館地区としてモダンなスポットに生まれ変わりました。

 

ここにはレオポルド美術館、現代美術館、建築博物館、子供博物館、Kunsthalleなどや、

おもしろい店やレストランなどが多く入っています。

 


 

その細長い建物はいくつか入口があり、建物の中を通り抜けていくと中庭空間があります。

この博物館地区は、バロック様式や歴史主義、現代建築があり、独特の中庭空間です。

その中庭で開かれているクリスマス市は" Winter im MQ"というタイトルでウィーンでは今年一番早いクリスマス市で11月5日からオープンしています。

1枚目の写真にはMQの正面入り口に照らし出されたそのロゴが見られます。

 

クリスマス市といってもここは他のクリスマス市とは全く違う、小学校の体育館のような形をしたモダンな屋台がいくつか並んでいます。

この中庭に入った習慣にちょっと幻想的な気分になります。

レオポルド美術館や現代美術館といったモダンなアートが多く展示されている博物館もあることからそれに合わせた演出ということでしょうか。

 

 


 

そのせいかここには地元の若者が多く集まっています。

屋台の中には入ることができ、中でプンシュを飲んでいる人達がたくさんいます。

右上の写真は屋台の中ですが、かまぼこ型をしています。

 

このMQのクリスマス市は他とはかなりう違うのでちょっと寄ってみる価値はあります。

でもここの始まりは遅くて、平日は16:00から、土、日、祝日は14:00からで、

夜23:00までやっています。

最後の日は12月23日です。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村