カールス教会前のクリスマス市 (2015年)

シュテファン大聖堂のクリスマス市シェーンブルン宮殿のクリスマス市市庁舎のクリスマス市と主要なクリスマス市をすでに話題にしました。

このADVENT(アドヴェント)時期のウィーンはクリスマスの雰囲気が至る所に見られますから、街中をぶらぶら歩いているだけでも楽しいですね。

歩き疲れたらちょっと屋台によってお茶感覚でプンシュを飲みたいです。

 

さて、今日話題にするカールス教会前のクリスマス市も毎年この時期に紹介していますが、

地元では非常に評判がいいクリスマス市です。

 

バロックの重要な建築のひとつであるカールス教会はウィーンの風景にはなくてはならないもののひとつです。

大きなドームと2本の柱が印象的なカールス教会は夜も堂々とライトアップされています。

このカールス教会前には、シーズン中は噴水になっている空間を含めて、たくさんの屋台が並んでいて、無数のライトが灯されています。




教会前の噴水はもちろん水が止められていて、そこにはたくさんのわらが置かれています。

子供達がこのわらではしゃいでいます。

どこのクリスマス市もそうですが、たくさんの人が集まっているのはたいていプンシュスタンドです。

右の写真は簡易テーブルの前は地元の人々で埋め尽くされています。




毎年このカールス教会前のクリスマス市は屋台で売られている物の質が高いこととオリジナリティーがあることで有名です。

物だけではなく、食べ物もおいしいものが多く売られています。

屋台の数もかなり多く、また子供達が楽しめるカルーセルもあります。

右上の写真はウィーンフィルのニューイヤーコンサートが行われる楽友協会ホールです。

ここのライトアップも素敵です。




とても背の高いLEDで灯されたドレスを着ている女性2人も演出として登場していて、

たくさんの人がカメラを向けていました。


このカールス教会前のクリスマス市は、市庁舎やシェーンブルン宮殿のクリスマス市とは違い、観光客の数はぐっと少なくなり、多くの地元人で賑わっています。








にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村