知られていないエリザベート像

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が一目惚れしたといわれる、バイエルン、ヴィテルスバッハ家のエリザベート・・・愛称シシィは話題性たっぷりで、世界中にファンがいますね。

日本でもウィーンオリジナルのミュージカル"エリザベート" が1996年に宝塚歌劇団などでも公演されたことなどを始め、ますます有名になっていきました。

 

王宮にはシシィ博物館があり、フランツ・ヨーゼフとエリザベート結婚150周年記念の

2004年4月25日にオープンし、去年の2014年4月25日でちょうど10周年を迎えました。

エリザベートファンにとってはおもしろい博物館です。

 

エリザベートの記念像というと、ウィーンでは国民庭園のエリザベート像が真っ先に

思い浮かぶのではないでしょうか。

意外な所ではウィーン西駅にも彼女が立っています。

 

意外な所と言えばこちら写真の

エリザベート像はどうでしょうか。


このエリザベート像は、ウィーン旧市街

一角にあるHotel Kaiserin Erisabeth

(ホテル カイザリン エリザベート)

の入口の所に置かれています。

Kaiserinは皇后という意味です。


このホテルの建物は歴史があり、14世紀半ばのハプスブルグ家のルドルフ4世時代には登場していて、歴史上有名人が多く

宿泊しています。

例えば、モーツァルト、クララ・シューマン、リスト、ワーグナー、ブルックナー、グリークといった音楽家、

画家のオスカー・ココシュカ、

またハプスブルグ家最後の皇帝カール1世の長男オットーさんなどが挙げられます。


このホテルはWeihburggasse3番地にありますので、シュテファン大聖堂のそばに来たら、ちょっと立ち寄ってみるといいでしょう。






にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村