19世紀後半のウィーンの街並み

ウィーンは歴史ある古都です。

ウィーンのリンク道路の内側の最も古い部分はローマ時代から存在しています。

ローマ時代のウィーン旧市街地を参考にして下さい。

 

そして12世紀終わりのバーベンベルク王朝時代に現在のウィーン旧市街地の基本の大きさが形成され、飛躍的に発展しました。

 

19世紀後半に中世からの城壁が取り壊されて、リンク道路が生まれます。

今日はそのリンク道路ができる前の、つまり城壁が取り壊される前のウィーンの姿についてです。

 

参考までに今年2月25日付で 15世紀のウィーンの街並みも御覧下さい。

 

 

 

上の写真は19世紀後半、1852~1854年のウィーンの街の姿です。

これはウィーンの歴史博物館に見られる、当時のウィーンを高さまでも忠実に再現したあるジオラマでです。

 

このジオラマは1888年以前に作られたようです。

 

城壁の取り壊しが行われるのが1858年からですので、このウィーンの姿はその直前と

いうことになります。

 

城壁には当時全部で11個の城門が組み込まれていました。

この写真左側のちょっと広い空間は現在の王宮の英雄広場です。

この頃にはまだ新王宮はありません。

Burgtorがしっかり見えています。

 

 

 

 

こちらはKärntnertor (ケルントナートーア)で、正面にシュテファン大聖堂が

見られます。Tor は門です。

ケルントナートーア付近は現在のホテルザッハーがあります。

 

左の出っ張った部分は、Kärntnerbastei (ケルントナーバスタイ)で、バスタイはBastion・・・堡塁です。

 

堡塁は敵からの攻撃を防ぐための貼り出した部分です。

 

城壁が取り壊されてリンク道路ができる前のウィーンの中心部の街並みは、

今とそんなに大きく変わってはいません。

 

城壁がどのように現在のウィーン中心部を囲んでいたかがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村