ラウエンシュタインの廃墟のお城

オーストリアにはたくさんの廃墟のお城があり、たいていは地元で有名なハイキングコースになっています。

 

すでにこのコーナーでも、ヴァッハウ渓谷のデュルンシュタインにあるクエンリンガー城やシュピッツにあるヒンターハウスの廃墟のお城、ウィーンの森にあるメードリンクの廃墟のお城などを紹介していますが、今回は温泉地バーデンです。

 

こちらはウィーンの南の森一角にある有名な歴史ある温泉地バーデンの中心から少し外側にある廃墟のお城ラウエンシュタイン城 (Burgruine Rauhenstein)です。

 

このお城はおそらく12世紀にTursen騎士の家系によって建設されました。

強奪騎士が繰り返し住み、何度も壊されては修復されてきました。

 

マリア・テレジアの長男ヨーゼフ2世により、18世紀終わりにDachsteuer

(直訳すると屋根税金、いわゆる富裕税の一環で、屋根の面積によって税金が計算される)

が導入されて、借金から廃墟となりました。

 

ちなみにこの時代多くの城の屋根に傾斜がつけられました。

 

 

 

このラウエンシュタイン城はいつでも上ることができます。

塔の中にはかなり急な階段が設置されていて、塔の上まで上がることができます。

この塔の上からのバーデンの眺めは素晴らしいものがあります。

 

こちらの写真はラウエンシュタイン城の中に入って、塔を上り、上からのお城の眺めです。

 

このラウエンシュタイン城は、ルドルフ皇太子の有名な事件"悲劇のマイヤーリンク"からHelenental (ヘレーネ渓谷)をバーデンまで走り、バーデンの入るとすぐ左上の小高い所に建っています。

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村