有名なホテル「白馬亭」

オーストリアの宝石箱とも形容される、大小70以上の氷河で作られた美しい湖が点在するザルツカンマーグートは魅力的な街が多く点在しています。

 

そのザルツカンマーグートで有名な場所のひとつにSt.Wolfgang(ザンクト・ヴォルフガング)があります。

12.84km² のWolfgangsee(ヴォルフガング湖)に面している人口3.000人弱の街で、街の名になっている同名の白い色のヴォルフガング巡礼教会があることで、また映画「サウンド・オブ・ミュージック」に登場するシャフベルク鉄道の乗り場もあることで知られています。

 

このヴォルフガング教会のすぐ横にあるのが有名なホテル WEISSES RÖSSL (ヴァイセスレッスル)・・・白馬亭です。

 

上の写真では、ヴォルフガング湖のずっと奥にうっすらと白い塔が見えていますが、それがヴォルフガング巡礼教会です。

 

ちなみに左奥に見える高い山が1783mのSchafberg (シャフベルク)で、その登山電車が頂上手前まで走っています。

 

もともとこの場所は15世紀後半の1474年から巡礼客が泊まるペンションのようなものがありました。

"白馬亭"としては、1878年、Wolfgang Grömerがここの湖沿いの3つの古い民家を改築することから

始まっています。

 

その後所有者が変わり、1912年にPaul Peterがここを入手し、現在に至るまでPeterファミリーによる経営が続いています。

一昨年の2012年が、一族経営の100周年という記念の年になりました。

 

 

このホテルが舞台となったRalph Benatzky のSingspiel (オペレッタ)「白馬亭」も知られています。

これは1930年にベルリンで初演されています。

ちなみにBenatzky は自らの希望で、このSt.Wolfgangに埋葬されています。

 

 


 

上の写真は白馬亭の部屋で、左は湖に面したバルコニー付き、右はRösslzimmerという部屋です。

 

白馬亭は、値段が高くなりますができればWolfgang湖に面したバルコニー付き(Mit Seebalkon)の部屋が絶対お勧めです。

 

部屋の種類もFamilenzimmer,Doppelzimmer mit Balkon,

Doppelzimmer mit Seebalkon,Rösslzimmer mit Balkon,

Rösslzimmer mit Seebalkon,Suite,Rösslsuite

と種類が結構あります。

 

ホテルのサイトからもオンラインで予約が可能です。

www.weissesroessl.at/

 

 

 

個人的にお勧めなのは、この白馬亭はSPAという、サウナや室内プールがあるリラックスできる空間がとても充実していて、しかもこの写真のように湖の中に年中泳げるプールが設置されています。中から通じていて、このプールから湖に飛び込んで泳ぐこともできます。

 

私は仕事がら多くここに泊まりますし、個人的にもよく泊まりますが、ある時2月にもここに泊まったことがあり、その時も温水プールは快適でした。

でもさすがにWolfgang湖の水は冷たかったですが・・・。

 

最もザルツカンマーグートの湖は氷河から形成されましたので、水温が低めです。

しかし、水の質はとても良く、特にこのWolfgang湖は太陽と空の度合いによっては、水が青や緑色に見えます。

 

ここは食事だけによる方も多いですが、個人的には滞在型で宿泊したいホテルです!

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村