知られていないミニ日本庭園

シェーンブルン宮殿の庭園内に日本庭園があること、ウィーン19区の一角に

世田谷公園というちょっとした日本風の公園があることは知られていますが、

今日のテーマである「ミニ日本庭園」はあまり知られていません。

 

 

 

 

こちらがそのミニ日本庭園です。

 

このミニ日本庭園は、1999年5月にウィーン大学の"Japanologie"(日本学)という

専門学科ができた60周年記念としてここに作られたものです。


そうです、ウィーン大学では日本学を専攻することができるんですね。

私の知り合いにもここで学んで卒業し、社会で活躍している人が何人かいます。

 

よく見ると正面の石には日本語が彫られていますね。

 

枯山水スタイルの石の庭園で、源氏物語23帖の「初音」がテーマになっています。

石は水の流れを象徴しています。

奥の石は「岩の滝」で、山脈を表し、その源水が小川、川、やがては海に注がれるという

ことを表現しているそうです。

 

このミニ日本庭園がある場所は、Altes AKH 旧ウィーン総合病院の建物の中庭の

一角にあり、現在はウィーン大学が入っています。

 

時間があれば訪れて見てはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村