シュテファン大聖堂前のクリスマス市

このコーナーでは色々なクリスマス市について書きましたが、今日12月23日はいくつかの例外を除いてクリスマス市の千秋楽です。

 

ウィーンの真ん中に立つシュテファン大聖堂前のシュテファン広場でもChristkindlmarktが出ています。

 

ここは地下鉄の駅も目の前で、ケルントナー通り、グラーベンもそばにあることから

行き交人々がとても多いいので、クリスマス市という雰囲気ではなく、街中のちょっとしたスタンド的な雰囲気です。

 

シュテファン大聖堂のお馴染み、「シュテッフェル」・・・

(一番高い印象的な塔)を

目の前に見ながらのプンシュは

人気があります。

 

屋台のイルミネーションを

よく見ると、ゴシック様式に登場する、ステンドグラスにもよく

見られるトレサリーが表されて

います。

 

 

トレサリーとは、アーチ型の窓の上部にはめ込む装飾用の石の組子のことです。

窓を幾何学的もしくは複雑な曲線模様に仕切り、その間にステンドグラスをはめ込みます。ゴシック建築の特徴でもあり、狭間飾りとも呼ばれます。

 

 

 

夜のシュテファン大聖堂のライトアップは

神秘的で美しいです。

 

この写真に見えるクリスマスツリーも

かなり高いのですが、大聖堂がとても

大きいのでツリーが小さく見えますね。

 

また大聖堂には特殊な光の効果も

施されています。

 

ゴシック様式の歴史あるシュテファン大聖堂は何と言ってもウィーンの街のシンボルです。

 

ここはウィーンの街の真ん中であり、

地下鉄U1とU3も通っていることもあって、

地元の人が多く集まっています。

 

仕事帰りに軽くプンシュで乾杯!・・・というところでしょうか。

 

 

こちらはシュテファン大聖堂のChristkindlmarktの

プンシュカップです。

 

ウィーンの他のクリスマス市でも過去に登場した靴の形です。

 

カップにはシュテファン大聖堂がちゃんと登場しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村