MQのクリスマス市

美術史博物館と自然史博物館の間には

マリア・テレジアの像がある

マリア・テレジア広場があります。

 

そのマリア・テレジア像の反対側の通りには、横長の建物のMuseumsQuartier (MQ)・・・博物館地区があります。

 

これは1725年馬小屋として建てられたバロック建築です。

 

1922年からは見本市会場として使われ、2001年にこの建物を残し、その中庭空間を大きく改築し、博物館地区としてモダンなスポットに生まれ変わりました。

 

レオポルド美術館、現代美術館、建築博物館、子供博物館、Kunsthalleなどや、

おもしろい店やレストランなどが多く入っています。

 

 

 

その中庭空間に

クリスマス市があります。

 

ウィーンの他のクリスマス市と

全く違い、屋台というよりも学園祭を思わせるような雰囲気です。

 

実際にもここは若い人達が多く

集まっています。

 

 

 

 

 

この博物館地区は、バロック様式や

歴史主義、現代建築があり、

独特の中庭空間です。

 

この写真の後ろの建物は

レオポルド美術館です。

 

ここはエゴン・シーレが世界で

最も集まっている美術館です。

 

壁にはエゴン・シーレが映し出されていますね。

 

このMQはちょっと雰囲気の違うChristkindlmarkt ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村