街中のイルミネーション 2

つい先日「街中のイルミネーション」というタイトルで、グラーベンとコールマルクトの

イルミネーションを紹介しました。

 

今回は、その3大歩行者天国の「ケルントナー通り」です。

 

たいていのガイドブックではウィーン一番の目抜き通りとして書かれています。

 

国立オペラ座~シュテファン大聖堂を

結ぶケルントナー通りは、観光の皆さんの一番基本となる通りです。

 

旧市街地の歩行者天国では

一番長いこと、国立オペラ座と

シュテファン大聖堂という2つの重要な建造物を結んでいることなどが

理由です。

 

この通りは、ローマ時代からあった歴史ある通りで、1257年には

„Strata Carinthianorum“として文書で確認されています。

 

このケルントナー通りは、現在イタリアのベネツィアやトリエステに伸びる

当時の重要な通りの始点でもあること

から大きな意味を持っていました。

 

1974年から歩行者天国になっています。

(平日午前10:30までは車はOK)

 

 

こちら2枚目の写真も、1枚目と

ほぼ同じ位置で撮影したものです。

 

イルミネーションが違ってますね。

 

細かい星が消えて、その中から4つの

大きな星が登場しています。

 

このケルントナー通りは、細かい星と

大きな星が時間差で交互に現れます。

 

この交互に時間差で変化して、雰囲気を演出するイルミネーションはウィーンの街中では珍しいと思います。

 

このような街中のイルミネーションが

見られるのも、このアドヴェントの時期ならではのものですね。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村