ウィーンのちょっと珍しいアングル 5

今回はウィーンのちょっと珍しいアングル第5弾です。

前回第4弾は11月1日でした。


やっぱり基本は、普段見られる当たり前の場所に、当たり前のように見られる物が、

別の角度から見えた時の新鮮さがいいですね。

 

こちらは王宮の帝国官房棟の

最上階から中庭を飛び越えて、屋根の向こうに王宮のドームが見えています。

 

このドームは

フランツ・ヨーゼフ1世の時代に、旧ブルク劇場が取り壊された後に作られた、ミヒャエル門に3つあるドームのひとつで、ミヒャエル門から見て、

一番右側のドームです。

 

 

 

 

こちらも王宮の一角の最上階

からの眺めです。

 

すぐ下の通りは、Schauflergasseで、奥の方にシュテファン大聖堂の塔が見えています。

 

右側の黒い教会の塔は、

ミヒャエル教会です。

 

 

 

 

またまた「ウィーンのちょっと珍しいアングル」でシュテファン大聖堂を登場させてしまいました。

 

急こう配の屋根から空を突き刺すような

南の塔は印象的です。

 

この角度からの南塔は、塔の下の部分が

全く見えないため、シュテファン大聖堂を知らないとゴシックのどういう形の塔で

あるかまるで見当がつきません。

 

この写真の撮影ポイントは、高さ約60m地点からです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村