シェーンブルン宮殿のクリスマス市

ウィーンにはこのアドヴェントの時期にたくさんのクリスマス市(Christkindlmarkt)が

出てますが、シェーンブルン宮殿も地元では人気のあるクリスマス市のひとつです。

 

平日は意外と訪れる方は少ないですが、週末は観光の皆さんに増して

地元の家族連れの皆さんが多く訪れます。

 

 

 

宮殿の正面に15mのツリーが立てられていて、宮殿の正面部分の

スペースを取り囲むようにして

屋台が出ています。

 

市庁舎はイルミネーションも素敵で、広いですし、午前中以外は

いつも賑やかですが

ここはそういう派手さは

ありません。

 

 

こちらは先日雪が降った時の

シェーンブルン宮殿です。

 

昼間のクリスマス市も悪くはないですが、ここは絶対に暗くなってから行きたい所ですね。

 

 

 

 

 

 

 

バロックの宮殿のライトアップと

クリスマスツリー・・・

これだけで雰囲気十分です。

 

こういった歴史的建造物を

バックにしてプンシュを飲みながらおしゃべりを・・・

その雰囲気がいいんですね。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはシェーンブルン宮殿のクリスマス市に置かれている

「Weihnachtskrippe」(ヴァイナハツクリッペ)と呼ばれるものです。

 

これはイエスが生まれたことを、マリアとヨゼフ、羊飼いなどと共に描写されるベツレヘムの光景で、たいてい人形や絵で表され、この時期のなくてはならない物のひとつです。

 


色々な所にWeihnachtskrippeがあるので、また時間がある時に紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村