Opernpassage 2

9月25日にこのコーナーで「モダンになったOpernpassage」について書きました。

 

私も毎日のようにここを通っていますが、このモダンになったOpernpassage

(オペルンパサージェ)は、前からこうなっている・・・というような空気で

街中の生活に溶け込んでいます。

 

前回、赤、紫、緑の電気の線に触れましたが、今回は出口付近の地面に注目してみたいと

思います。

 

 

このOpernpassageの出口付近数か所の地面に、写真に見られるような電光掲示板が埋め込まれています。

 

これは、文字が右から左へと動いていき、周辺の重要な

場所が表示されています。

 

この写真は、「MUSIKVEREIN」と読むことができ、

あのウィーンフィルの本拠地で、世界一音響がいいホールのひとつ楽友協会はこの出口ですよ・・・

ということを示しています。

 

 

こちらも同様に「KARLSPLATZ」 と読むことができます。

 

カールス広場はこちらから・・・

と教えてくれます。

 

この電光掲示板は地面に埋め込まれていることで、ちょっと

気付きにくいことや、

また気付いても

文字が動いていますので、

 

少し立ち止まって読む必要があります。

 

でも発想としては少しおもしろいかもしれませんね。


ここを通る時にちょっと観察してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

もしこの内容がよかったら、是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村