秋のウィーンの森

もう10月もまもなく終わりになりますね。

 

今日から冬時間になり、日本との時差は8時間に戻ります。

公には夜中の3時に、1時間、時間を戻し2時にします。

 

ウィーンは森の都と言われていますが、この秋の時期ウィーンの街中やウィーンの森などの多くの木々の葉はだいぶ色が変わり、とても素敵で、

秋を感じずにはいられません。

 

紅葉・・・というより黄葉と言った方がいいでしょうか。

(もちろん葉が赤くなる木もありますが・・・)

 

 

 

こちらの写真は、ウィーンの北の森にある、地元で有名な2つの山をかなり珍しい角度から眺めています。

 

手前の教会が見える山は、Leopoldsberg

(レオポルズベルク

標高425m)で、奥のテレビ塔が見える山がKahlenberg

(カーレンベルク標高484m)です。

 

手前に見えている川はドナウ河の本流です。

 

この写真は夕方に撮影したものなので、西日が当たっています。

 

 

こちらは、ウィーンの南の森の

マイヤーリンクでの眺めです。

 

ウィーンの北の森と比べると、

こちら南は遥かに山も多く、

たくさんの街がウィーンの森の中にあります。

 

ここは先日紹介した、ハプスブルグ家ルドルフ皇太子の

「悲劇のマイヤーリンク」の場所です。

 

手前に見える山はBischofsmütze

(ビショーフスミュッツェ 標高514m)で、よく知られた

ハイキングコースにも組み込まれています。

 

 

 

ウィーンの森は、かなり針葉樹林が多いので、冬に来ても全く緑がなくなるということは

ありません。

 

この秋の時期のウィーンの森はとても素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

もしこの内容がよかったら、是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村