サウンド・オブ・ミュージックのあずまや

オーストリアは色々な映画に登場しますが、日本では特に知られている

「サウンド・オブ・ミュージック」を知らない方は結構少ないのではないでしょうか。

 

ドレミの歌、エーデルワイス等、小学校で歌う名曲はこの映画で使われました。

オーストリアの雄大なアルプスの北斜面に位置するザルツカンマーグートとモーツァルトが生まれた街ザルツブルクで撮影され、マリアとトラップ大佐、また大佐の前妻との

7人の子供が繰り広げる家族愛をテーマに、オーストリアの美しい風景が至る所に

登場します。

 

この映画は1965年、ロバート・ワイズ監督、ジュリー・アンドリュースがマリア役で

登場するミュージカル映画で、アカデミー賞5部門を受賞しています。

 

 

映画の中で、大佐の長女リーズルと、郵便配達人のロルフが「もうすぐ17歳」を歌うわけですが、

そのシーンに使われたのがこのあずまやです。

 

夕食中に席を立って、

密かにロルフに会いに行くリーズル。

外で待っていたロルフといっしょに踊りながら

歌います。

 

その時に何気なくこのパヴィリオンが登場しますね。

 

これは撮影当時はレオポルズクロン宮殿にありました。

現在は水仕掛けで有名なヘルブルン宮殿に移されています。

 

このパヴィリオンはその後、大佐とマリアが「何かいいことが」

を歌うシーンでも登場します。

 

 

 

ちなみにこちらは

レオポルズクロン宮殿

です。

 

映画では、トラップ邸

として使われました。

舞踏会のシーンではマリアが大佐と踊り、外のテラスではカクテルを飲むシーンも出て来ますね。

 

 

 

 

この宮殿はもともと1736年 Fürsterzbischof von Salzburg Leopold Anton Freiherr von Firmian が自分の家族の居城として建築させました。

 

1744年、完成間近に彼が亡くなったため、彼は自らの心臓をこの宮殿の礼拝堂の床下に

埋めさせたそうです。

 

ザルツカンマーグート、ザルツブルク、ザルツブルク近郊には

サウンド・オブ。ミュージックのロケ場所がたくさんあります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

もしこの内容がよかったら、是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村