ヴィヴァルディの記念像

ウィーンは様々な作曲家が足跡を残した街です。

一般的には、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ヨハン・シュトラウスなどの住居や記念像はお馴染みでしょうか。

 

でもこの街は「へぇ~、この人もウィーンにいたんだ~」という意外な作曲家の跡も

かなりたくさん残っています。

 

その中で、アントニオ・ヴィヴァルディもその一人でしょうか。

 

 

ヴィヴァルディは、1678年イタリアのベネツィアで生まれ、1741年このウィーンで亡くなった

バロックの作曲家です。

「四季」は彼の作品の中では、群を抜いて有名です。

 

ヴィヴァルディは、父からどうやらバイオリンの手ほどきを受けたようで、ヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂のオーケストラの一員でした。

また彼は教会付属学校で学んだこともあり、司教という聖職者でもあったわけです。

 

作曲活動も旺盛で、かなりの速さで楽譜を書いたことは知られています。

500を超える協奏曲や、50以上のオペラ、ソナタ、室内楽曲、宗教音楽など、幅広く手掛けています。

 

 

ウィーンに来たのは、

彼が亡くなる一年前の、

1740年でした。

でもこの年は、マリア・テレジアの父で、ヴィヴァルディの理解者でもあった皇帝カール6世が亡くなり、予定していた演奏会も取りやめになり、彼は失意の中、体調を崩し、ヴェネツィアに帰ることなく、ケルントナートーア劇場の一角で63歳でこの世を去りました。

 

 

ケルントナートーア劇場は現在はなく、そこにはあの有名なホテルザッハーが建っています。そのホテルザッハーの壁には、この写真に見られるように

ヴィヴァルディの銘板を見ることができます。

 

 


 

 

1枚目の写真はヴィヴァルディの記念像です。この記念像は、2001年6月18日に序幕され、Gianni Aricoによって大理石で作られています。

 

3人の音楽家が表されています。

 

彫刻群の正面には、ヴィヴァルディ本人のレリーフがあり、裏側に行くと、

ヴェネツィアとウィーンのシュテファン大聖堂が表されたレリーフを見ることができます。

 

ウィーンの街には、本当に何気ない所に、実はとても重要な意味を持つものが

たくさんあるんですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村