オペラ座そばの名物トイレ

数日前このコーナーで、少しモダンになった「Opernpassage」について書きました。

 

国立オペラ座のすぐ前の階段を下りて、このOpernpassageに入ると、階段を下りたすぐ右側に結構目立つ音量で音楽が聞こえてきます。

 

よ~く聞いていると「美しき青きドナウ」なんですね。

 

最初は何かと思うのですが、すぐに公衆トイレであることがわかります。

 

そこには「Opera Toilet」(オペラトイレ)と書いてあり、まるでオペラ座に入って行くかのような演出をしてあります。

 

この写真は、Opersnpassageからこのトイレの入り口です。

ずっと奥にオペラ座の客席が見えますね。

 

 

 

中に入ってみると、入口にバーがあります。

 

バーを越えると、右が男性用、左が女性用と分かれています。

 

有料公衆トイレなので、すぐ右側に料金を入れる場所が設置されています。

 

現時点で料金は70セントで、10,20,50セント硬貨が使え、おつりは出て来ません。

1ユーロ硬貨も使えますが、同様におつりは出て来ません。

つまりピッタリの金額を用意した方がいいですね。

 

このトイレは発想が中々おもしろいので、ここを通りかかった人が、トイレに行きたくなくても立ち止まり、観察していたり、写真を撮る人の姿をよく見かけます。

 

ここは名前の通り、国立オペラ座からは最も近い公衆トイレです。

 

 

 

ちなみにこのOpernpassageのトイレは、このオペラトイレだけではありません。

 

オペラ座からOpernpassageに入り、公園方面にどんどん進んで行くと、右側にマクドナルドが

見えてきます。そのマクドナルド手前右側に、この写真のような

公衆トイレがあります。

ここは、男性、女性用と分かれていて、共に個室を利用する際は、50セントかかります。

普通はトイレの係りがいます。

 

男性の小用は無料です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村