オーストリアワイン

Gumpoldskirchen

オーストリアはとても奥が深い国、その首都ウィーンはヨーロッパ文化が凝縮した街ですから様々なテーマがあります。

 

ありとあらゆるものをできるだけたくさん御紹介したいのですが、毎日仕事で忙しくて、(当たり前なのですが・・・)このブログコーナーではあまり深く、詳しく書いている時間が残念ながらありません。

でも思い立った時に短くても時間を見つけて色々なことを書いています。

 

今日はオーストリアのワインについて少しだけ紹介します。

オーストリアワインと一言で言ってもとても奥が深いんですね。

 

日本でヨーロッパワインと言えば、ドイツ、フランス、イタリア・・・などが一般的でしょうか。でもこの国オーストリアは生産量からすればヨーロッパでは3本指に入るとさえ言われるワイン王国です。

オーストリア国内には45.790haの広大なぶどう畑が存在し、主に16の生産地域に分かれています。

州としては、ウィーン、低部オーストリア州、ブルゲンラント州、シュタイヤーマルク州の4州が基本で、アルプスの標高が高くない地域を除いてワイン産業が営まれています。

 

 

地域の名称 面積(ha)
Wien
WIEN
612
Niederösterreich
WACHAU
1.350
  THERMENREGION
2.196
  KREMSTAL
2.243
  KAMPTAL
3.802
  TRAISENTAL
790
  WAGRAM (2006年までDONAULAND)

2.451 

  WEINVIERTEL

13.356

  CARNUNTUM
910
Burgenland
NEUSIEDLERSEE
7.649
  LEITHABERG/NEUSIEDLERSEE-HÜGELLAND
3.576
  MITTELBURGENLAND
2.117
  EISENBERG/SÜDBURGENLAND
498
Steiermark

VULKANLAND STEIERMARK

(SÜD-OSTSTEIERMARK)

1.400
  WESTSTEIERMARK 500
  SÜDSTEIERMARK 2.340

 

上記の代表的なワイン産業地域の他にオーストリアの他の州でも少ないですがワイン生産が行われていて"Weinbaugebiete der Region Bergland"と称されます。

 

 

Bergland生産地区 KÄRNTEN 100 ha
  OBERÖSTERREICH 20 ha
  SALZBURG 3 ha
  TIROL 9 ha
  VORARLBERG 20 ha
ヴァッハウ渓谷

この16の地域の半分の8つが低部オーストリア州にありますね。

またウィーンも16の地域のひとつになっています。

 

中でも特に有名な地域はWACHAU(ヴァッハウ)

ブルゲンランドです。

 

この広いぶどう畑から収穫された

ぶどうは8月中旬から9月初旬に

大部分が収穫され、それからプレスされて発酵して・・・そこからワインになり、これをもう11月初旬には飲み始める・・・

このいわゆる新酒のワインを「ホイリゲ」と言います。

 

ホイリゲの生産量が圧倒的に多く、これは瓶になるワインとは違います。

ホイリゲについてはまた後日書きたいと思います。

 

でもオーストリアワインの本来の醍醐味は、ちゃんと瓶詰され、ヨーロッパでも最も厳しいワインの国家規定を通過して市場に出るワインです。
たくさんのワインを生産するオーストリアですが、ホイリゲのように地元で飲まれるワインが圧倒的に多いんですね。

 

そんなこともあって、オーストリアワインとしては日本では特定の場所を除いて

あまり見られないわけです。

 

また、同じドイツ語圏のドイツのワインと比較するとアルコール度が高いのが特徴です。オーストリアワインはだいたい11%~14.5%ですから

とてもボリュームあるワインが楽しめます。

 

比率では白の辛口が80%、赤、甘口が残り20%ぐらいで飲まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村