ウィーンの森のオーストリア自然公園(Hagenbachklamm)

こう毎日暑いとどうしても涼しい場所を求める傾向になってしまいます。

 

ウィーンは森の都とも言われ街中も緑がとても多いですが、ウィーン市郊外からその外側にかけて有名なウィーンの森が広がっていますし、何と言ってもヨーロッパアルプスが横たわっているという地形の特徴がこのオーストリアにはあります。

大きな街を離れるとのどかな風景と豊かな自然が広がります。

そんなオーストリアは国内に48箇所のNaturpark (自然公園)があります。

 

VNÖ (Verband der Naturparke Österreichs) ---オーストリア自然公園連盟が中心になって管理しています。

 

 

 

その自然公園の中で、

私がよく家族と手軽に出かける

お気に入りの場所のひとつがウィーンの森の一角にあるNaturpark EICHENHAIN (アイヒェンハイン)です。

 

ウィーンの森と言うと、観光的には圧倒的に多く南方面に行きますが、こちらは全く反対で

北側です。

 

ウィーンから車で約30km離れた所に位置し、

KlosterneuburgとSt. Andrä-Wördernの間に広がるウィーンの森の中です。

 

この自然公園は、広さ約3850haあり、その中のおそらく一番有名なハイキングスポットがここで紹介しているHagenbachklamm(ハーゲンバッハクラム)です。

 

Hagenbach という川が流れ、その川沿いを歩く約3kmほどのコースです。

Klammとはドイツ語で渓谷ですのでHagenbach渓谷です。

 

コース内は11個の木の橋が架かっていて、手軽に川の中に入ることもできます。

休憩用のベンチも置かれ、また子供達が遊べる遊び場もコース内に作られています。時として、川を下に眺めながら細いコースを歩く場所もありますが、全体的によく整備され、とても気持ちよく森歩きと自然を楽しむことができます。

ウィーンの森のちょっとした渓谷地です。

 

こちらではハイキングのことをWANDERN(ヴァンデルン)と一般的に言われますが、オーストリアはアルプスがあるおかげでハイキング天国でもあり、個性あるたくさんのハイキングコースが国内に点在しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村