アーチ構造

ウィーン市庁舎のアーチ回廊

ヨーロッパには絵になるアーチ構造を持った建築物がたくさんあります。

 

アーチはすでにメソポタミア、

古代エジプト、バビロン、

古代ギリシャ、アッシリアなどで

知られていました。しかしそれほど

多用されていたわけではなく、主に

地下排水路など、地下構造物に

利用されていました。

 

その後憧れを持ってギリシャを吸収した古代ローマ時代に大きな発展をしました。

 

ローマ人はその前のエトルリア人がらアーチを学んだとされ、それを発展させ地上の建造物で多用していくようになりました。

 

上の写真はウィーンの市庁舎です。1884年完成のリンク道路上の重要な建築のひとつで、ゴシック様式のアーチを見ることができます。

 

 

ウィーン国立オペラ座

こちらはウィーンの国立オペラ座です。

市庁舎と違って、ルネッサンス様式の

アーチを見ることができます。

 

私達日本で伝統文化的な街の空気を感じるためには、お寺などに行ったりして、その場所に行かなければ基本的に見られません。街自体というのはどこもあまり個性がなく、あまり

街を散歩しよう・・・という気持ちには

なれません。

 

こちらは街自体に歴史がそのまま刻まれています。古い建物がそのまま残されていますので、街を散歩しようという気になってしまうんですね。単純に歩いているだけで十分街並みが楽しませてくれます。

 

ありとあらゆる色々な様式の建物が建ち並び、アーチ構造を持つ建造物がそこらじゅうに

見られます。空間だけでなく、建物の壁ですらアーチ構造を施し、それ自体が装飾として用いられている場合も多くあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村