ウィーンによく見られるこの時期の花 31 (エンジュ)

エンジュ

こちらはドイツ語でJapanischer Schnurbaum (ヤパーニシャー・シュヌーアバウム)、ラテン語では

Sophora japonica,

日本ではエンジュで、

マメ科 マメ亜科 クララ属です。

 

高さは25mぐらいの落葉高木で、

黄緑っぽい白い花で、幹も短め、

7枚~17枚の楕円形の先が尖った葉が

特徴で、葉と花の部分は25cmぐらいになります。

市立公園のエンジュ

原産はアジア南西部、おそらく中国です。


この木は長く続く夏の乾燥にも強いため、

こちらでは好んで街路樹や公園に植えられて

います。

 

写真は2枚共ウィーンの市立公園に植えられているエンジュです。

(2枚共別のエンジュです)

 

この時期に高い木で花をつけるのは限られているため、エンジュはとても良く目立ちます。

一般の庭ではほとんど見かけませんが、公園や道路脇などに頻繁に目にします。

 

たいてい木の下には散った花がたくさん溜まっていると思います。

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村