オーストリア人のクラシック3大作曲家

なぜかこのコーナーで音楽をテーマにした内容は今まで一度も書いていませんでした。

基本的に何を書くかということはあまり考えず、生活をしている中で思い立ったことや

その時見たり読んだりしたことを書いているだけなので・・・。

 

でも音楽とウィーンは切っても切れない関係ですね。

ウィーンは様々な形容をされる街ですが、「音楽の都」としても有名です。

これだけの作曲家が足跡を残した街は他にはないでしょう。

音楽家をテーマにしたら時間がいくらあっても足りません。

 

ここオーストリアにおいてクラシックの3大作曲家といえば・・・

これは意外と3人すぐ出て来ないんですね。

例えばベートーヴェンはウィーンではモーツァルト以上に足跡を残しましたがドイツ人です。ウィーンナーワルツのヨハン・シュトラウス?

もちろん彼もオーストリア、しかもウィーン人です。

しかし彼の音楽はワルツやポルカなどが中心ですので、前述の「クラシック」いうことに

こだわれば路線が少し外れますね。

 

オーストリア人としてクラシックの3大作曲家といえば、

モーツァルト、シューベルト、ハイドンでしょうか。

この中でウィーン人と定義すればシューベルトだけですね。

シューベルトは1797年にウィーン現在の9区Nußdorferstraße で生まれています。

 

モーツァルトはウィーンから約300kmのザルツブルクで1756年、ハイドンはウィーンから約50km離れたローラウで1732年に生まれています。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村