高額ユーロ紙幣では支払いが断られる・・・

ここ何回かはユーロについて書いてきましたが、ユーロ紙幣は7種類あるわけです。

一般的に生活の中でよく目にするのは、5~100ユーロまでで、200ユーロ、

500ユーロの高額な紙幣はあまり見ることがありません。

 

もちろん、家電、家具、スポーツ専門店など、それなりに高額な商品が置いてある場所では、200、500ユーロも受け取ってくれます。

しかし、その辺のパン屋さんやスーパーなどではたいてい「お釣りがない」などの理由で断られてしまいます。

 

本来地元の皆さんは、現金をたくさん持ち歩く習慣はありませんし、高額な商品はバンコマートと一般的に呼ばれているカードで支払いをする人が多いです。

 

500ユーロ紙幣は本来投資用だと聞いたこともあります。

 

200、500ユーロ紙幣は使い勝手が悪いと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村