ユーロ紙幣のデザイン

ユーロ紙幣が7種類あることはすでに書きましたが、

紙幣のデザインはヨーロッパの基本的な建築様式が表現されています。

表は建物の建築様式、裏は橋がそれぞれの時代の様式をテーマにデザインされています。

以下ユーロ紙幣の種類で、それぞれ実際の紙幣の色を背景に表にしました。

 

5ユーロ ギリシャ、ローマの古代様式
10ユーロ ロマネスク様式
20ユーロ ゴシック様式
50ユーロ ルネッサンス様式
100ユーロ バロック、ロココ様式
200ユーロ ユーゲントシュティール様式
500ユーロ 現代建築

 

 

ユーロ紙幣のデザインは1996年2月12日から開始された欧州通貨機関

理事会による選考で44の図案から選ばれました。

これはオーストリア国立銀行のロベルト・カリーナが作成したもので、

1996年12月3日に採用が決定されました。

つまりユーロ紙幣はオーストリア人のデザインが採用されたわけです。

 

これはまさにヨーロッパの過去の様々な建築様式が見られるウィーンのリンク道路です。

ウィーンのリンク道路とユーロ紙幣のデザインは共通するところがあったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録させて頂いております。

是非下記バナークリックをお願い致します。

とても励みになります! (^▽^)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村