ブログカテゴリ:キリスト教



2020/02/25
今日2月25日は謝肉祭のクライマックスである火曜日で、早いもので今年も明日から四旬節に入ります。 今年は復活祭が4月12日となり、去年は4月21日でしたから謝肉祭も去年より9日ほど早くなるわけです。 "謝肉祭"という言葉は日本でも知られていますが今年もこの時期に謝肉祭について簡単にまとめてみます。

2020/02/24
国立オペラ座の舞踏会も今週の木曜日に終わり、週明けの火曜日がFaschingsdienstag・・・謝肉祭のクライマックスです。 謝肉祭はイエス・キリストが磔になり、そして復活するまでの厳粛な時がやってくるのでそれに伴って断食を・・・その前にバカ騒ぎをしようじゃないか・・・という意味があるわけです。...

2020/02/02
昨日も一昨日と同様、春の陽気だったウィーンです。 太陽の下だと20℃ぐらいありましたからね。 開放的な空気が街中に漂い、半袖で歩いている人もいました。 さて、今日は"聖燭祭"という日本ではもしかしたらあまりポピュラーではないお話です。

2020/01/06
今日1月6日は"Heilige Drei Könige" (ハイリゲ・ドライ・ケーニゲ)というキリスト教の祭日です。 日本では"祭日"という表現はもう存在せず、現在では全て"祝日"と表現しますが、聖三王のこの日はキリスト教の宗教儀礼上の休日なので祭日と呼んでもでもいいのかなと思います。...

2019/12/17
ウィーンの街中には多くのクリスマスツリーを売る業者が見られます。 この時こそは彼らが主役と言わんばかりにこの時期の風物詩となっています。 クリスマスツリーのもみの木はこちらでは"Christbaum" (クリストバウム)と呼ばれていて、本物のもみの木にちゃんと装飾をして飾る習慣があります。...

2019/12/08
この時期のウィーンの主役はクリスマスです。 年間を通してクリスマスが一番重要なイヴェントがある12月にはそれ以外にも重要な日がいくつかあります。 12月1日がアドヴェントの第1日曜日となり、Adventskranzに1本目のロウソクが灯されました。 今日はアドヴェントの第2日曜日なので2本目のロウソクを灯します。...

2019/11/01
昨日はハロウィンで、家にも多くの子供達が仮装をしてやって来ました。 その都度対応するのが面倒なので、あらかじめ玄関前にお菓子を入れた箱を置き、子供達が勝手に持っていけるようにしました。 オーストリアではハロウィンを祝う習慣が年々増加している傾向です。

2019/10/31
オーストリアはキリスト教ローマカトリックが全体の80%以上と圧倒的にカトリックの国です。 これはハプスブルグ家がカトリックをずっと守って来たことも影響していると思われます。 明日の11月1日はそのカトリックの重要なAllerheiligen(アラーハイリゲン)という祝日で、日本で言うとお盆にあたります。...

2019/08/15
先週からウィーンを離れてザルツカンマーグートやZell am Seeそしてウィーンに戻って来ました。 ザルツカンマーグートは何回も訪れている所ですし仕事ではありましたが、私の大好きな所ばかりでオーストリアの美しい自然に触れてきました。 さて、今日8月15日はマリア被昇天の日で、祝日です。

2019/06/20
こちらは9月から新年度が始まりますので、もう年度末ということになりますね。 学校ももうすぐ終わりで、休暇シーズンがそこまで来ています。 そんな空気が感じられる夏のウィーンは開放的でいいですね。 さて、今日はFronleichnam(フローンライヒナーム)というキリスト教関係の祝日です。

さらに表示する