ブログカテゴリ:キリスト教



2019/08/15
先週からウィーンを離れてザルツカンマーグートやZell am Seeそしてウィーンに戻って来ました。 ザルツカンマーグートは何回も訪れている所ですし仕事ではありましたが、私の大好きな所ばかりでオーストリアの美しい自然に触れてきました。 さて、今日8月15日はマリア被昇天の日で、祝日です。

2019/06/20
こちらは9月から新年度が始まりますので、もう年度末ということになりますね。 学校ももうすぐ終わりで、休暇シーズンがそこまで来ています。 そんな空気が感じられる夏のウィーンは開放的でいいですね。 さて、今日はFronleichnam(フローンライヒナーム)というキリスト教関係の祝日です。

2019/06/09
5月は不安定な天気が多く、日中10℃にも達しなかった日がありましたが、6月に入って一挙に夏が到来したウィーンです。 日が夏至に向かってもう少し長くなり、開放的な空気が漂うウィーンの街中を歩くだけで気持ちいいです。 さて、今日6月8日はPfingsten(プフィングステン)という祝日です。

2019/05/30
ヨーロッパ文化はキリスト教なくしては語れません。 キリスト教が根付いたことから、絵画、音楽、建築などの分野が大きく発展していくことになったので、ヨーロッパ文化を知る上ではキリスト教は重要です。 今日2019年5月30日はキリスト昇天の日で祝日です。 キリスト昇天祭とよく言われています。...

2019/05/25
オーストリアはキリスト教ローマカトリックが国内全体の80%を下りません。 これはヨーロッパで一番長く続いたハプスブルグ家がカトリックを守って来たことにも大きな関係があるでしょう。 ローマカトリックはかなりの矛盾を修正し、教理を作り上げて現在に至っていますが、絵画、建築、音楽などの分野で素晴らしいものを生み出しています。...

2019/04/21
今日4月21日はOSTERN(オステルン)・・・復活祭です。 イエス・キリストが復活したことを祝うことから「復活祭」と呼ばれていますが、ドイツ語では"OSTERN"(オステルン)と言います。 このOSTERNがイエス・キリストの復活を祝うことから日本語では"復活祭"と訳されているだけなので、厳密には正しい訳ではありません。...

2019/04/18
まもなく復活祭です。 今年の復活祭は4月21日ですから、今週の日曜日です。 ドイツ語ではOstern(オステルン)と言いますが、厳密には"復活祭"という訳ではありません。 この時期には至る所にたまご(イースターエッグ)、うさぎ、ネコヤナギが飾られているのが見られます。 これは復活祭の3大シンボルでしょう。...

2019/04/13
復活祭まであと1週間程となりました。 今年は復活祭が4月21日と去年よりも約3週間遅いので、復活祭市なども遅く始まりました。 Freyungやシェーンブルン宮殿などには復活祭市が見られ、復活祭の空気をさらに盛り上げてくれます。 街中を歩けば復活祭を感じさせる装飾が多く見られます。...

2019/03/06
昨日3月5日は謝肉祭の火曜日で今日から四旬節に入ります。 四旬節初日の今日水曜日は"灰の水曜日"と呼ばれ、ドイツ語ではAschermittwoch(アッシャーミットヴォッホ)と呼ばれています。 灰の水曜日は復活祭から日曜日を除いて40日間遡った日ということになっていますので、今年の場合は復活祭が4月21日ですから、今日の3月6日が灰の水曜日となります。...

2019/03/05
今日3月5日は謝肉祭のクライマックスである火曜日で、早いもので今年も明日から四旬節に入ります。 今年は復活祭が4月21日となり、去年は4月1日でしたから謝肉祭も去年より3週間ほど遅くなるわけです。 "謝肉祭"という言葉は日本でも知られていますが今年もこの時期に謝肉祭について簡単にまとめてみます。

さらに表示する