ブログカテゴリ:ウィーンのカフェ



2019/09/26
ウィーンのカフェハウス文化は無形文化遺産にも登録され、ウィーンには100年以上も続く伝統カフェが多く存在しています。 観光中に伝統カフェハウスに寄りたいですね。 伝統カフェハウスに入ると時間の流れ方が違っていて、それぞれのテーブルには様々な人々が座っていて、それぞれ独自の空気を放ちながら、カフェ全体に統一感があります。...

2019/09/12
ウィーンはカフェ発祥とよく言われますが、これはカフェ自体がウィーンから始まったわけではなく、カフェを提供する喫茶店が始まったということですね。 1683年のオスマントルコの2回目のウィーン包囲の後、その2年後にはウィーンで最初のカフェハウスが登場したということになっています。...

2019/08/29
ウィーンのカフェハウス文化は無形文化遺産にも登録されていて、100年以上の歴史を持つカフェハウスが多くあり、カフェは生活に密着しています。 ウィーンに来たら有名なカフェハウスにちょっとでも入ってくつろいでみて下さい。 そこではきっと時間の流れ方が違っていて、ウィーンの歴史の一部を肌で感じることができるはずです。...

2019/08/20
ウィーンのカフェに入ってメニューを見ると、ウィーンを思わせる飲み物や食べ物が並んでいますが、時として新しい嗜好、工夫した物が見られることがあります。 たいていはちょっとした説明が書かれていることが多く、なんとなく興味をそそられます。 ウィーンの街は世界から多くの人がやって来ます。...

2019/07/26
いや~、毎日30℃を超える暑い日が続いています。 でも湿気が少ないですから、日本よりは快適だと思いますが、日差しが強いので文字通り暑いです。 ウィーンは100年以上も続いている伝統カフェが多くあります。 "カフェハウス文化"は無形文化遺産にもなっていて、ウィーンの重要な一面で、生活に密着しています。...

2019/07/14
ウィーンのカフェハウス文化は無形文化遺産にも登録され、100年以上続く伝統カフェが多くあります。 ウィーンに来たら伝統カフェに必ず寄って下さい。 観光で疲れたらカフェで一息する・・・カフェだってウィーンの重要な観光ポイントです。 くつろぎながら、ウィーンのカフェの空気を感じる・・・優雅な観光ですよね。...

2019/06/07
ウィーンは日中の気温が6月4日に今年初めて30℃を超え、夏が来た・・・という感じです。 日差しが強いですから、本当に暑いです。 しかし、梅雨がなく湿気が少ないですから、日陰に行くと温度差をかなり感じで凌げます。 毎年のことですが、「ウィーンはこんなに暑いんですか」という声が毎日のようにお客様から聞こえます。 5月の涼しさが嘘のようですね。...

2019/05/10
ウィーンでのスイーツはカフェハウスと同じぐらい重要ですね。 ハプスブルグ帝国時代、宮廷ではデザート専門部門も厨房にありましたから、他の商品と同様、スイーツも宮廷に卸すことが認められた業者が多くあり、現在でもその名称を残しながら営業しているCafé Konditorei(自家製のケーキを提供するカフェハウス)が多くあります。...

2019/05/04
ウィーンは100年以上も続いている伝統カフェハウスが多くあります。 そのようなカフェに入ると、時間の流れが違いますね。 どこか懐かしさを感じて、しかし現在のウィーンにいることが実感できます。 カフェは完全に生活に密着しています。...

2019/04/30
ウィーンで一番好んで飲まれているカフェと言えばメランジェでしょうか。 コーヒーとミルクの量が1対1で、上には泡立てたミルクがのせられます。 地元で一番好んで飲まれているのがメランジェであれば、そういう意味でメランジェをウィーンナーコーヒーと言ってもいいような気がします。...

さらに表示する