Graz グラーツ

時計台

 

オーストリアで2番目に人口が多い街で、シュタイヤーマルク州の州都です。

 

ウィーンから約200km南に位置し、ムーア河が街を流れ、場所によっては

イタリア的色合いがあり、世界遺産にも登録されている美しい街です。

 

 

 

 

 

時計台からの眺め

 

グラーツのシンボルは城山にある

時計台です。

この時計は、長針が時間を、短針が分を表してることは有名です。

 

この城山には10世紀頃から小さな要塞があり、gradec (小さい城) と古文書に記録されています。

 

ここからの街の眺めは必見です。

 

 

 

 

 

 

州庁舎

ハプスブルグ家のフリードリヒ3世皇帝、カール2世大公(皇帝マクシミリアン2世の弟)、ヨハン大公(皇帝フランツII,I 世の弟)などがここを拠点としています。

 

また、第一次世界大戦のきっかけとなる、有名なサラエボの銃弾事件で倒れたフランツ・フェルディナント皇太子もここで生まれています。

 

 

 

 

 

 

皇帝フェルディナント2世の霊廟

見どころも多く、ルネッサンス様式の美しい建物や中庭が数多くあり、

様々な建築様式が見られます。

 

州庁舎、市庁舎、ゴシックの2重螺旋階段、皇帝フェルディナント2世の霊廟、ドーム、

世界最大の武器庫、フランシスコ修道会、クンストハウスなどです。

 

時計台がある標高473m(中央広場から123mの高さ) の城山へは、徒歩、ケーブルカー、エレベーターで上ることができ、のんびりと散策できるコースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム   ガイド料金と業務内容について     オーストリア国家公認ガイド

 


オーストリアの概要     ウィーンお勧め観光コース

 

 

ウィーン観光で役立ちそうな情報           ウィーンの公共交通機関   

 

 

ウィーンの博物館とオープン時間     お問い合わせ     掲示板

 

 

ウィーンこぼれ話(ブログ)      現地催行お勧めツアー My bus                                            

 

利用規約      リンク集