ここではウィーンで是非訪れたい所を簡単に紹介します!


 

 

特にリンク内は、古くはローマ時代の遺跡から現在に至るまで・・・

迷うぐらい、気の向くままに歩くことをお勧めします。


 

リンク内

シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂

 


ウィーンの中心にそびえる、シンボル的存在なゴシック様式の大聖堂。

天を突き刺すような南の塔(通称シュテッフェル)がとても印象的です。

 

大聖堂ガイドツアー、カタコンベツアー、プンメリンが見られる北塔エレベーター、シュテッフェル南塔へ螺旋階段で上るなど見どころも豊富です。

 

※大聖堂ガイドツアーが提供されている時間帯で

 あれば私達ガイドは皆様だけを御案内できます。

 

 

 

 

 

王宮  Hofburg

王宮


歴代ハプスブルグ家の居城であり、神聖ローマ帝国皇帝の居城としても栄え、

一度も完成することがなかった、様々な時代の建築様式から成り立っています。

現在王宮はオーストリア政府関係、また様々な博物館や見どころがあります。

 

 

Kaiserappartpent   皇帝の部屋

SISSI Museum   エリザベート博物館

Silberkammer   銀器博物館

Schatzkammer   宝物館

Prunnksaal   世界で最も美しいと言われる図書館

Spanische Hofreitschule   スペイン乗馬学校

Burgkapelle   ウィーン少年合唱団がミサで歌う王宮礼拝堂

Augustinerkirche   アウグスティーナー教会

Albertina   アルベルティーナ美術館

Hofjagt-Rüstkammer   武器・甲冑博物館

Sammulung alter Musikinstrumente   古楽器博物館

                           などなど・・・。  

 

 

 

 

 

ケルントナー通り、グラーベン、コールマルクト

グラーベン

 

基本となる3つのメイン通りで、

平日10時30分までは車も入ってきますが、それ以降は歩行者天国となり、年中賑わっています。中でもグラーベンは広場のような通りで、歴史的に重要なバロック様式のペスト像もあり洗練された美しい通りです。

 

 

 

 

 

 

 

モーツァルトハウス ウィーン

モーツァルトハウス ウィーン

 

ウィーンではモーツァルトの跡はたくさんありますが、博物館としてはこれだけです。ここはモーツァルトが28歳から約2年半住んだ場所で、シュテファン大聖堂そばの静かな一角にあります。

2004年までは、フィガロハウスとして一般公開されていましたが、2006年1月27日 モーツァルト生誕250周年記念にリニューアルされてオープンしました。

 

 

 

 

 

 

旧市街の広場

アンカー時計

 

リンク内には建物に囲まれた、歴史ある美しい広場がいくつもあります。

代表的な広場をいくつか御紹介します。

 

Am Hof  アム・ホーフ

映画「第三の男」にも登場し、黒のマリア像が建つ旧市街地では一番大きな広場。

 

 

Michaelerplatz   ミヒャエル広場

王宮のミヒャエル門に面し、ローマ時代の遺跡、広場の名前に由来するミヒャエル教会、装飾を排除した、ロース・ハウスなどが建ち並ぶ広場です。

 

 

Freyung   フライウング

ショッテン教会の横に位置し、中世当時の石畳が残されている広場。

 

 

Franziskanerplatz   フランシスコ広場

フランシスコ修道会と付属教会が建ち、モーゼの噴水がある可愛らしい広場。

 

 

Neuer Markt   新市場

ハプスブルグ家ゆかりの地下納骨所があるカプツィーナー教会や、ドンナーの泉がある長方形の広場。ハイドンが皇帝讃歌を作曲した場所でもある。

 

 

 

 

 

ユダヤ広場

Judenplatz   ユダヤ広場

モーツァルトも住み、ユダヤ人追悼を意味する白い箱型モニュメント、バロック様式の美しいボヘミヤ官房などがあります。

 

 

Hoher Markt   ホーアーマルクト

ウィーン最古の一角のひとつ、ローマ時代の遺跡も見られ、バロック様式の婚姻の泉、からくり時計で有名なアンカー時計がある広場です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魅力的な小路

Grünangergasse

 

ウィーン旧市街にはあまりガイドブックでは取り上げられていない美しい小路が多くあります。そのいくつかを挙げています。

 

 

 

Kurrentgasse   クレントガッセ

美しいバロックの建物が並びます。

 

 

Schönlaterngasse   シェーンラテルンガッセ

有名なバジリスク伝説やシューマンも住んだ通り

 

 

 

Blutgsasse   ブルートガッセ

シュテファン大聖堂のすぐそばとは思えない閑静な一角。

 

 

Annagasse   アンナガッセ

ダニエル・グランのフレスコ画で知られるアンナ教会、美しいバロックの建物が並びます。

 

 

Seitenstettengsaase  

      ザイテンシュテッテンガッセ

ウィーンのバミューダトライアングルにあり、ルプレヒト教会のそば。夜はとても賑わっています。

 

ミノリーテン教会界隈

 

Salvatorgasse   サルバトーアガッセ

オーストリアゴシックの岸辺のマリア教会がある石畳みの小路。

 

 

Ballgasse   バルガッセ

中世を偲ばせる閑静な石畳みの路地。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク道路沿い

市庁舎

 


リンクは、19世紀後半、ハプスブルグ家の事実上最後の皇帝、フランツ・ヨーゼフ1世の時代に都市改革として、城壁を取り壊して作られた環状道路です。

リンク沿いには、美しい並木と共に、様々な建築様式が見られる、まるで建築の見本市です。

 

 

 

 

国会議事堂

国立オペラ座   美術史博物館  

 

自然史博物館   国会議事堂 

 

ブルク劇場    市庁舎  

 

ウィーン大学   ヴォティーフ教会

 

郵便貯金局    工芸博物館  

 

 

            ・・・などなど荘厳な建築を見ることができます。

 

 

 

 

 

公園・庭園

クアサロン

 

リンク道路沿いには、大きな公園、庭園が4つあり、緑がとても多いことがわかります。歩き疲れたら少し休むには最適です。

 

 

 

 

 

Burggarten   王宮庭園

モーツァルト像があり、王宮一角にあります。

 

 

Volksgarten   国民庭園

シーズン中はバラが美しく、テセウス神殿があります。

 

 

Rathauspark   市庁舎公園

年間を通して、色々なイベントに使われる市庁舎広場で、市庁舎の男の等身大像もあります。

 

 

Stadtpark   市立公園

あの、金色のワルツ王、ヨハン・シュトラウス像があり、ウィーン川も流れ、とてもやすらぐ公園。

 

 

 

 

 

リンク外

シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿

ハプスブルグ家の夏の離宮であり、重要なバロック建築のひとつ、また世界遺産にも登録されているマリアテレジアイエローで有名な宮殿です。

一般公開されている部屋が40室あり、またヨーロッパで最も美しい庭園のひとつと言われる、美しい庭園があり、半日はかけてゆっくり過ごしたい場所です。

 

 

 

 

 

 

 


ベルヴェデーレ宮殿

トルコ軍をウィーンから追い出す英雄プリンツ・オイゲンによる夏の離宮。

シェーンブルン宮殿があまりにも有名ですが、バロックという立場から見ると、ベルヴェデーレ宮殿の方が美しいです。

上宮と下宮とあり、共にオーストリアギャラリーという美術館として使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カールス教会

カールス教会

カール6世が建てさせた美しく荘厳なバロック建築です。

天井フレスコ画もとても素敵です。

 

  →

ブログコーナー「カールス教会」へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Museums Quartier  博物館地区 (MQ)

MQ

 

バロック様式の長い建物の中にはエゴンシーレ世界最大のコレクションを持つレオポルド美術館や現代美術館などがあり、地元の人達がくつろいでいる中庭、レストランなどがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴォティーフ教会

 

2本の塔が印象的で、

ステンドグラスがとても美しいゴシック様式の教会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナッシュマルクト

ナッシュマルクト

 

オペラ座からも歩いて行けるウィーン最大の市場。

2本のメイン通りがあり、野菜、肉、香辛料、アジア食料品店、

レストランなどが並ぶ有名な市場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

中央墓地

ベートーヴェンの墓

 

 

ヨーロッパで2番目に大きな墓地で、著名人達が多く眠ることで知られています。

特に、有名な音楽家達が多く集まってる場所が観光ポイントにもなっています。

また、映画「第三の男」のラストシーンで効果的に使われています。

 

ブログコーナー 「中央墓地」へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム   ガイド料金と業務内容について     オーストリア国家公認ガイド

 


オーストリアの概要     ウィーンお勧め観光コース

 

 

ウィーン観光で役立ちそうな情報           ウィーンの公共交通機関   

 

 

ウィーンの博物館とオープン時間     お問い合わせ     掲示板

 

 

ウィーンこぼれ話(ブログ)      現地催行お勧めツアー My bus                                            

 

利用規約      リンク集